人気の検索キーワード: 無垢    照明  戸棚  PLAYWOOD 
トップ「庭・エクステリア」のDIYレシピ > 2×4材とポリカ波板でコンテナ横ガレージ製作
2×4材とポリカ波板でコンテナ横ガレージ製作
kooo
2018年05月16日
貨物用コンテナ倉庫の横にスペースが空いていたので、2×4材や2×6材を使ってバイク(トライク)用ガレージを作ってみました。 最初は雨よけで屋根だけあればと思って作ったものの、横からの雨風も防ぎたかったので、最終的には全部囲うかたちとなりました。
かかった費用: 30,000円
所要時間:   1週間くらい
いいね
9
お気に入り
4
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
材料
防腐処理済2×4材(12フィート) 10本
防腐処理済2×6材(12フィート) 2本
防腐処理済10×10角材 2本
羽子板付沓石(クツイシ)というらしい、コンクリの四角い土台 2個
ポリカーボネイト波板(6フィート) 6枚
ポリカーボネイト波板(曲りタイプ) 6枚
波板用クギ(ステンレス) 1袋
防虫防腐ステイン塗料 1缶
コーススレッド 数箱
砂利 軽トラ荷台1台分(約400kg)
砂 軽トラ荷台1台分(約400kg)
中砂利 20kg×5袋
セメント粉 20kg×6袋
ワイヤーメッシュ(コンクリート補強材)1m×2m 4枚
工具
脚立
丸ノコ
水平器
セメント用舟
金槌
インパクトドライバー
step1
コンテナの高さが約2.4m、奥行き約3.5mなので、それに合わせて材料を調達。 2×4材は一番長い12フィートを買って切り分けて使用することでコストを抑えました。
ステップ1
step2
始めに羽子板付沓石というらしい、コンクリの四角い土台を位置決めしてセメントで堅めながら少し埋込み、そこに10×10の角材を立てました。
ステップ2
step3
コンテナ側の屋根を乗せる部分に2×6材を打ち付けて屋根の土台にしました。 角材のほうにも2×6材を設置して屋根の土台ができたら、2×4材を打ち付けていきます。
ステップ3
step4
土台の2×6材がたるまないように、2×4材を垂直に入れて補強しました。 防腐処理済の材料を買いましたが経験上、防腐効果がイマイチなので追加で防虫防腐ステインも塗っておきました。
ステップ4
step5
土台にポリカーボネイト製の波板を打ち付けます。 この時の波板用クギには、クギも傘もステンレスのものを使用しました。 (プラ系の傘がついた波板クギは経年劣化で数年でボロボロ壊れてくるので)
ステップ5
step6
屋根の一番上部には、ポリカ波板の曲がった状態で売られているものを打ち付けて、雨風の進入を防げるようにしました。
ステップ6
step7
地面は、最初は大きめの砂利から入れて軽く地盤を固めます。 袋入りを何個も買うのは面倒なので、軽トラの荷台に量り売りで約400kgの砂利を買ってきました。(砂も同様。中砂利は余っていたものを使いました)
ステップ7
step8
地盤がなるべく割れないようにするため、補強材のワイヤーメッシュを敷きました。 その上と下に中砂利のセメントを流し込むイメージで固めます。
ステップ8
step9
少し乾かしたらさらに中砂利のセメントを入れてならしました。 そこそこ平らになってきましたがもう少し綺麗にしたいので・・・
ステップ9
step10
細かい目の砂を入れたセメントを練ってモルタルにします。 水は規定より多めのほうが調整しやすいのでちょっとタプタプするくらいにしました。 水っぽすぎると強度が下がるのでほどほどに。
ステップ10
step11
何回かに分けて塗ったので、ちょっと境目がありますが・・・ まあまあいいかんじになりました。もう1回モルタル塗ろうかと思ってたけど、いいかな。
ステップ11
step12
さらに、トライクが出入りするためのスロープ(坂)を作りたいので、入口の手前の土を少し掘り下げます。 セメントの坂が少し地面に埋まるように作るためです。
ステップ12
step13
ワイヤーメッシュとセメントを追加して形成します。 入庫する際の進入角度が左ナナメ手前なので、スロープの切れ目が左ナナメ手前になるように左だけ少し短くしました。 乾いたら土を少し戻してスロープを半分くらい埋めたら完成です。 (トライクの重量が300kg近いので、念のため、すぐには入庫せずにさらに数日乾燥させました。)
ステップ13
step14
書き切れないので割愛しますが・・・ このあとさらに、側面の壁+収納と、出入り口の門も作りました。
ステップ14
step15
横幅約1.5m、全長2mを超えるトライクを入れても十分に歩き回れる、丁度良いサイズのガレージになりました。
ステップ15
コツ・ポイント
セメントは思ったより割れやすいので、ワイヤーメッシュをハリガネ等でしっかり繋ぎ合わせてから埋め込むと強度が格段に上がります。  砂利や砂が余ったら他にも使えるので、保管場所があるなら砂利業者に行ってトラックで量り売りで買った方がお買い得です。一般の人でも買えます。(100~200kgくらいの少量だと買えないかもしれません。)
やってみた感想
約4.5畳あるので、その気になれば、ここで寝泊まりもできます(笑) セメント施工など素人なので悩んだり手こずるところもありましたが、ガレージ製作を楽しみながら空いているスペースを有効活用することができました。
このレシピのキーワード 
いいね
9
お気に入り
4
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピを投稿したユーザー
細かいことはできないけど・・・作るのは好き。 雑だけど・・・雑じゃなかった!と言い聞かせて雑な棚やガレージを作って遊んでます。