人気の検索キーワード: 無垢    照明  戸棚  PLAYWOOD 
トップ「雑貨・小物」のDIYレシピ > 開閉式のドールハウスを作ってみた(山小屋風)
開閉式のドールハウスを作ってみた(山小屋風)
Taatan
2018年06月26日
知人が「プチブライス」や「オビツ11」が好きだと聞き、「何それ?」と調べてみると大人も楽しめるちょっとリアルな11cmくらいのお人形とのことで、そのお人形が入れられる山小屋風のドールハウスを作ってみました。ただのドールハウスでは面白くないので屋根と壁を開閉式にしました。
かかった費用: 2,000円
所要時間:   2日
いいね
8
お気に入り
1
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
材料
シナベニヤ 1枚
ラワンベニヤ 1枚
蝶番 4個
マグネットキャッチ 1個
ニス 適量
工具
卓上丸ノコ
インパクトドライバー
卓上糸ノコ
彫刻刀
コーナークランプ
step1
必要となる壁や屋根のパーツのサイズを決めて切り出し、ニスで塗装します。
ステップ1
step2
壁を90度に固定して接着するのですが、直角に固定できるコーナークランプが役立ちます。クランプのボルトを締めるだけで直角に材料を固定できます。
ステップ2
step3
乾燥させている間に屋根だけ違う色のニスで塗装します。(左側が塗っている途中)濃いめの色でニス塗装すると、木目が際立って存在感が出ます。
ステップ3
step4
全面塗るとこうなります。木目がかなり目立っていいかんじです。
ステップ4
step5
飾りとして、壁に出窓とドアを付けたいので、シナベニヤを使って出窓を作ります。枠は少し立体的にしたいので2枚重ねて接着します。
ステップ5
step6
ニスの色を塗り分けて、ボンドで接着したら出窓の完成です!
ステップ6
step7
ドアも切り出して、彫刻刀で溝を掘ります。ドアノブ部分はそれっぽく木材を埋め込んでみました。
ステップ7
step8
これを壁に接着したら、出窓とドアの完成です!(こちらは壁の開閉も考えて、単なる飾りにしたので動きません。)
ステップ8
step9
接着した壁に、蝶番を使って屋根を取り付け、開閉できるようにしました。蝶番の角度をうまく使って、全開に開けた時に反対側に反るような角度になり、屋根を開けたまま保持できるようにしました。
ステップ9
step10
マグネットキャッチも取り付けて屋根を閉じた時にパチン!としまるようにしました。
ステップ10
step11
壁側も蝶番で接続し、手前に倒して開閉できるようにしました。屋根の開け閉めと組み合わせることで色々なパターンでドールハウスを楽しむことができます。これで完成!
ステップ11
step12
小と中の2サイズのドールハウスを作ってみました。ニスの色を若干変えてみました。
ステップ12
step13
もちろん、どちらも同じように屋根が開きます。それぞれの木目にかなりの個性が出ました。
ステップ13
step14
壁も開いて全開状態にできます。使い方イロイロ、開閉式の山小屋風ドールハウスが完成!
ステップ14
コツ・ポイント
出窓などの色を塗り分ける必要があるパーツは、色をしっかり塗ってから接着すると、後で塗り直して汚したりせずに済みます。 屋根がナナメになるので、マグネットキャッチの角度や位置もよく考えて取り付ける必要があります。
やってみた感想
高さ11cmくらいの人形には、高さ15cm以上の小屋が必要なことがわかりました。開閉式であることで楽しさが増えたと喜んでもらえたので満足です!
このレシピのキーワード 
いいね
8
お気に入り
1
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピを投稿したユーザー
日頃から身の回りの物を作ったりしてDIYを楽しんでいます。 不便を感じたら、それを解消できる物を考えて自分で作ります。パーツなどの材料も可能な限り自分で作っています。