人気の検索キーワード: 無垢    照明  戸棚  PLAYWOOD 
トップ「壁を貼る・塗る・飾る」のDIYレシピ > 赤ちゃんの日よけ対策。スモーク貼りをDIYでやってみた
赤ちゃんの日よけ対策。スモーク貼りをDIYでやってみた
Taatan
2019年01月29日
友人の車の純正スモークが薄く、チャイルドーシートで赤ちゃんを乗せた時に日差しが強くて困るとのことで、DIYでスモーク貼りをしました。カーテンでは運転しにくいので、濃いめのスモークが最適のようです。
かかった費用: 2,000円
所要時間:   2時間
いいね
5
お気に入り
2
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
材料
スモーク 1セット
スモーク用溶剤 1セット
 
工具
ハサミ
カッター
マスキングテープ
空のスプレーボトル
チョークペン
step1
スモークが標準装備となっている今でも、ミニバンの場合は真ん中のウインドウは薄い場合が多いようです。何度か経験があるので自己流でスモーク貼りをやってみます。
ステップ1
step2
うっすらスモークがかっているものの、内側はけっこう見えてしまうし、日差しは強めに入ってきます。
ステップ2
step3
いくつかあったストックのうち、紫外線カットで可視光線透過率が26%のスモークを選びました。(数値が小さいほど濃くなります)純正の薄いスモークの上から貼るので実際には26%よりも濃くなります。
ステップ3
step4
内張りを外せる場合は外したほうが、隙間から水や溶剤が入ったりすることを防げるし作業しやすいです。※内張はビスを外して引っ張れば外せる場合が多いですが、隠しビスに注意です。
ステップ4
step5
車の外側にスモークフィルムをあてがって仮留めします。これでおおよその位置とサイズを決めます。
ステップ5
step6
チョークペン(無ければ蛍光ペンでも代用できます)ウインドウより数センチ大きめになるように線を引きます。(難しい場合は市販の「純正型番シート」を使うと良いかもしれません。)
ステップ6
step7
ミニバンなので、セカンドシートを利用して、倒したシートの上に布(綺麗で毛羽立ちの無い布)を敷いて、そこでフィルムを切ります。※シートの上にそのままフィルムを置くと静電気でホコリやゴミが付きやすいのでNGです。
ステップ7
step8
スモーク用溶剤の濃いめにブレンドしたものと、薄めにブレンドしたものを空のスプレーボトルに入れて使います。
ステップ8
step9
スモークを貼るウインドウは綺麗に吹いて掃除しておきます。糸くずやホコリがついていないことをよく確認しながら、仕上げは水をふきかけ、ヘラで水を切りながら掃除すると完璧です。
ステップ9
step10
フィルムがカットできたら、スモーク用溶剤を吹きかけながら保護フィルムを剥がしていきます。2人で両端を持ちながらやると作業がはかどります。
ステップ10
step11
フィルムの接着面全体と、ウインドウにも溶剤をふきかけながらスモークフィルムを貼り付けていきます。ウインドウは少しだけ開けておくと貼りやすいです。2~3mmくらい端が空くように貼ると、剥がれを防止できます。
ステップ11
step12
ウインドウの一番下の部分は2cmくらい中に入るようにヘラで押し込んであげると綺麗に見えますし、ウインドウを開けた時にひっかかりにくくなります。※ウインドウを少し開けたことを忘れないように下側の寸法を計算して貼ります。
ステップ12
step13
大きすぎた箇所はハサミやカッターで切って調整し、溶剤と空気を中央から外側に向けてヘラで押し出しながら貼っていけば完成です!(スライドドアのところのスモークです)
ステップ13
step14
外側から見るとかなり濃いめのスモークになりましたが、スモークの特性で内側から見ると外はよく見えます。視認性は十分にあり、赤ちゃんの日よけにもなって丁度良いスモークになりました。
ステップ14
コツ・ポイント
糸くずやホコリが入るとすごく目立つので、フィルムを貼る前に十分にチェックしてから貼ると良いです。貼った後はフィルムが定着するまで3日くらいはウインドウを開けないほうが無難です。
やってみた感想
好きな濃さを選んで思ったように貼れると気持ち良いです。空気が沢山入って失敗したと思ったら、潔く剥がしてやり直したほうがいいです。空気が沢山入ったまま走ってるとかっこ悪いですから・・・
このレシピのキーワード 
いいね
5
お気に入り
2
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピを投稿したユーザー
日頃から身の回りの物を作ったりしてDIYを楽しんでいます。 不便を感じたら、それを解消できる物を考えて自分で作ります。パーツなどの材料も可能な限り自分で作っています。