人気の検索キーワード: 無垢    照明  戸棚  PLAYWOOD 
トップ「雑貨・小物」のDIYレシピ > 鼻メガネスタンドの歌舞伎バージョンを作ってみた
鼻メガネスタンドの歌舞伎バージョンを作ってみた
Taatan
2019年03月13日
以前作った鼻メガネスタンドに、もっとインパクトを出せないかと考え、歌舞伎で見かける「隈取り(くまどり)」という化粧方法が目を引いたので、これを鼻メガネスタンドに応用してみました。
かかった費用: 1,800円
所要時間:   半日
いいね
7
お気に入り
1
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
材料
白塗料 適量
赤塗料 適量
1×4材 1
赤松材 1
ダボ 1
ビス 数本
木工ボンド 適量
工具
インパクトドライバー
ディスクグラインダー
丸ノコ
サンドペーパー
ハケ
塗料用の筆
step1
まずは鼻メガネスタンド1段用のパーツを用意します。グラインダーで木材を削って鼻を形成します。
ステップ1
step2
グラインダーでおおよそ鼻の形になったら、(右が削る前。左が削った後)あとはサンドペーパーなどでひたすら研磨します。けっこう疲れます。。。
ステップ2
step3
必要なパーツは、台座、支柱、鼻。これを木材から切り出してトリマー、グラインダー等で形にしていきます。
ステップ3
step4
それと天板です。(写真は3つ分) テンプルを乗せる台も後から用意しました。
ステップ4
step5
今回は白く下地を塗ってから鼻を付けるので、ダボ接合をするためのダボ(細目)を埋め込みました。
ステップ5
step6
そして、塗料の上から木工ボンドで接着しても強度が保たれているかテストするため、テスト用に適当に塗料を塗って、適当に削った鼻を木材の切れ端に接着し、
ステップ6
step7
トンカチでガンガン叩きました!!(数時間の接着の後での実験)鼻は汚れましたがビクともしません。強度はOKのようです。もちろんこの鼻はテスト用なので使いません。
ステップ7
step8
カブキの隈取りをイメージして、支柱にオリジナルでアウトラインを書き込みます。実際の顔とは違って四角い支柱なので、バランスが難しいです。
ステップ8
step9
それをベースに、赤塗料で模様を塗ります。はみ出さないように慎重に慎重に・・・
ステップ9
step10
隈取りっぽい模様ができました。鼻を付けるところは空けておきます。ここまでけっこう時間かかりました。
ステップ10
step11
そこに同じ白に塗った鼻を付けて、模様を書き足し、鼻の穴と口の部分も書き足します。
ステップ11
step12
十分に乾燥させたら支柱を取り付けます。半乾きで触ると跡が付いてしまうので注意して扱いました。(支柱取り付け位置用のガイドを作っておくと便利です)
ステップ12
step13
天板とテンプルの台を付けたら完成です!かなりインパクトのあるKABUKIバージョンの鼻メガネスタンドができました。
ステップ13
step14
目はついてないのに睨みをきかせているような表情で、並べるとまた存在感が倍増します。
ステップ14
コツ・ポイント
模様は下書きをしてから塗り始めると塗りやすいです。四角い支柱をどう生かすか、模様次第で色々なパターンが作れます。
やってみた感想
模様無しの鼻メガネスタンドよりも圧倒的にインパクトがあるので、面白い作品になりました!青い隈取りもあるようなので、他の模様もチャレンジしてみたいです。
このレシピのキーワード 
いいね
7
お気に入り
1
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピを投稿したユーザー
日頃から身の回りの物を作ったりしてDIYを楽しんでいます。 不便を感じたら、それを解消できる物を考えて自分で作ります。パーツなどの材料も可能な限り自分で作っています。