人気の検索キーワード:   照明  塗装  溶接 
トップ「床を張る・塗る」のDIYレシピ > 電動ホイスト(電動ウインチ)を使って電動開閉式のロフト床を作ってみた。
電動ホイスト(電動ウインチ)を使って電動開閉式のロフト床を作ってみた。
Taatan
2021年02月23日
今まで作っていた作業小屋やトイレ小屋とは別で作っていた小屋のロフト面積が広いため、ハシゴなどで上がるタイプではなく床を貫通してロフトに上がれる床の扉を作りました。そこに電動ホイストを設置して電動で開閉できるようにしてみました。この下には階段収納を設置予定です。
かかった費用: 20,000円
所要時間:   1日
いいね
4
お気に入り
1
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
材料
2×4材12f 2本
合板(910×1820mm)T12 1枚
電動ウインチ200kg対応 1基
フック付き滑車 1セット
蝶番 2個
工具
インパクトドライバ
ディスクグラインダー
丸ノコ
曲尺、他
step1
小屋のロフトになる部分に、出入り口として上に上がるために必要な分だけ空間を開けました。
ステップ1
step2
前から使ってみたかった、電動ホイストを購入。一応、ドイツ安全審査機関GS,TUV規格に認証された品だそうで・・・最安値で売っている中国製より少しだけ良いのを選びました。
ステップ2
step3
先ほどの出入り口の空間に合うように合板を切り、板が反らないように2×4で骨組みを取り付けます。(後で断熱材を入れたいのでこの厚さにしています。)これでけっこうな重さになりましたが200kg対応のホイストなら余裕なはずです。
ステップ3
step4
骨組みが取り付けできたらはめ込んでみます。ピッタリはまりました。周囲に3mmほど隙間を空けていて、床の骨組みにフタが乗っかるようにしています。
ステップ4
step5
さっそく、電動ホイストを屋根の骨組みに仮の骨組みを追加して設置してみます。
ステップ5
step6
スイッチを押すとワイヤーが出てきました!動作は問題無し。ワイヤー先端のフックを仮設置したノブにひっかけて、いよいよ引っ張ってみます!
ステップ6
step7
ギュイーンという音とともに床が上がってきました!アトラクションみたいで楽しいかも♪
ステップ7
step8
と、ここで問題発生。。安全装置にワイヤーがひっかかってブレーキがかかってしまい、これ以上動かなくなりました。角度が悪かったようです。(本来ならワイヤーフックが最上部にきた時だけ止まる仕様なので誤作動してしまっています。)
ステップ8
step9
そこでフック付きの滑車を中継地点として利用して引っ張る角度を変えてみることに。
ステップ9
step10
一度分解しないとワイヤーが通せないので、分解します。
ステップ10
step11
ワイヤーを通して分解した部品をもとに戻します。滑車の大きさも丁度良くてスムーズに動きそう。
ステップ11
step12
この滑車を壁に近い位置に取り付けて、その真上(赤い囲いのところ)にホイストを移動すれば正常に動くようになるはずです。
ステップ12
step13
安全装置の四角い輪っかに引っ掛からない角度になりました。
ステップ13
step14
このワイヤー経由方法だと安全装置は使えなくなるので、対策はまた後で考えたいと思います。 では改めてスイッチオン!
ステップ14
step15
無事に上まで上がりました!!アニメGIFにしてみました(実際にはもう少し上がります)下ろす時もスイッチ1つで下ろせます。ウィーン!という機械音がたまりません♪ ブレーキは止めたいところでスイッチを離せばしっかりかかります。
ステップ15
step16
停電時に使えなくなると困るので、人力でも軽い力で上げ下げできるようにホイストロープというものも取り寄せました。これはまた後ほど追加で設置したいと思います。
ステップ16
コツ・ポイント
床が上がる角度や大きさなどを予めシミュレーションして決めてから作り始めないと、後から調整は難しくなります。下で操作するスイッチと上で操作するスイッチが別々で必要になるので後ほどスイッチを増設します。この機械でエレベーター式の昇降機を作っても面白いなと思いました。
やってみた感想
重いものが電動で上がったり下がったりするのを見ていると本当に楽しいです♪ 倉庫や小屋などのDIYをする人には、より一層DIYライフを楽しめるアイテムになるかと思います。バチン!というブレーキ音が大きいので音を気にしない場所ならオススメです。
このレシピのキーワード 
いいね
4
お気に入り
1
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピを投稿したユーザー
日頃から身の回りの物や便利アイテムを作ったりしてDIYを楽しんでいます。 不便を感じたらそれを解消できる物を考えて自分で作ります。パーツなどの材料も可能な限り自分で作っています。