人気の検索キーワード: 無垢    照明  戸棚  塗装 
トップ「庭・エクステリア」のDIYレシピ > ドラム缶焼却炉の作成
ドラム缶焼却炉の作成
Torus Garage
2020年05月27日
ホームセンターでも売っているドラム缶焼却炉。ドラム缶さえ入手出来れば自作も不可能ではありません。※ただし、地区によって自分で焼却可能な場合とそうでない場合があるのでご注意。私の地区では伐採した枝などに限り自家焼却が認められています。
かかった費用: 5,000円
所要時間:   1日
いいね
4
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
材料
ドラム缶 1
平鋼 1
ボルト類 必要に応じて
ステンレス製煙突 1式
工具
SUZUKID LunaⅡ
ディスクグラインダー
高速カッター
ドリル
step1
煙突の穴あけは細いドリルでぐるっと開けてから切り抜きます。平鋼(フラットバー)を丸めて溶接します
ステップ1
step2
煙突は2代目なので焼けています(^^;) ステーもフラットバーで。
ステップ2
step3
投入口を開けます サンダーでカット。 薄い鉄板なので熱で変形しないようにやはりフラットバーを当てておきます。
ステップ3
step4
縦にもフラットバーを渡しご覧のようにボルト(M8)で蝶番状にします。取っ手は5mm丸棒で。
ステップ4
step5
まあまあですかね
ステップ5
step6
灰掻き出し口もまあこんな感じで。 市販の蝶番を使わないのは錆びて動かなくなっちゃうからです。
ステップ6
コツ・ポイント
ドラム缶さえ手に入ればあとは何とかなるでしょう。溶接も切断も火花の散る作業ですから中にオイル等が溜まっている場合はよく拭き取るなどして細心の注意を。
やってみた感想
今回二代目なので前回からの改良も出来て良かったです。満足度★★★★★
このレシピのキーワード 
いいね
4
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピを投稿したユーザー
那須で自営業しています。 忙しい時は忙しいですが オフシーズンを使って 色々作っております。