人気の検索キーワード:   照明  塗装  溶接 
Pick up
新着レシピ

アストロのアーモボックスが手ごろなので好きです 最近10.8Vシリーズを購入したのでコンパクトに収納出来るように工夫してみました
2022年01月21日
2
0
かかった費用:4000円

この時期、鶏(にわとり)小屋は冬の寒風にさらされて氷点下になるので、羽毛を纏っているニワトリ達もさすがに寒いだろうと思い、防風することで少しでも夜の寒さをしのげるようにしてみました。
2
0
かかった費用:1500円

正月の縁起物の素材を使って、敷地の入り口に車の出入りの邪魔にならない程度のさりげない門飾りを製作。元旦の雪が降る前に設置できてほっと一安心。
2022年01月08日
2
0
かかった費用:0円

先日クリスマス用に作ったクリスマスリースを正月用の飾りにリメイクした。しめ縄だと和風すぎてちょっと...という人にはこういうタイプのお正月リースがオススメ
2022年01月07日
3
0
かかった費用:1000円

丸い座面が余っていたので、何か脚になるようなものはないかと100均をウロウロ。。。 麺棒を使ったら可愛いかも♡と思い作ってみました。
2021年12月31日
1
0
かかった費用:500円

ゲストハウスの屋根部分に繋がる間柱と梁(軒桁・母屋・棟木という名称らしい)が途中まで組み上がったので、引き続き屋根板を乗せる手前まで進めていきました。2×4材を活用するために、屋根の傾斜に合わせた調整が必要でした。
3
0
かかった費用:30000円

毎年恒例のクリスマスリース作りは材料の確保が重要。一昨年からサンキライの実を鳥に食べられて苦戦していたので、今年は対策して挑み、ベースの輪を正月飾り(お正月リース)にも再利用できるように素材を選定した。
2021年12月24日
3
0
かかった費用:0円

落ち葉を集めて捨てる際に重宝するガーデンバケツが壊れて使えなくなってきたので、リュックサックに付いていたスリングを使って修理してみました。
2
0
かかった費用:300円

紙バンドでクリスマスリースをキレイに編むコツをご紹介します。
0
0
かかった費用:2000円

アイアン×コンクリートという組み合わせで作ってみました!
1
0
かかった費用:500円
もっと見る
コラム・ニュース

プロが教える溶接DIY講座、3回目の今回は、「溶接DIYでもここまで作れる!モノづくりアイデア」のご紹介です。上達の秘訣はなんと言っても「実践」です。まずは先輩溶接DIYerの作品をマネてみるところから始めましょう。初級~中級~上級とステップアップするにつれ、作れる作品のバリエーションも広がり、ますます溶接DIYの楽しさにハマっていくことでしょう。では、これまでDIYレシピの投稿いただいた溶接DIYerさんの素晴らしい作品をご覧ください!
続きを読む…

2022年01月28日

前回に引き続きお送りする「プロが教える溶接DIY講座」。第2回目の今回は、初心者が大切にすべき溶接・モノづくりのポイントと題して、最初にマスターしたいテクニック、材料の選び方などについて解説します。(記事監修:SUZUKID) 続きを読む…

2021年12月27日

小型溶接機のパイオニアSUZUKIDさんの監修のもと「プロが教える溶接DIY講座」を3回シリーズでお伝えします。まず第1回目の今回は「溶接環境のつくり方」です。「溶接DIYにチャレンジしてみたいけど場所がない・・・」。「安全に作業するには何を揃えればいいの?」そんなお悩みに答えます。
続きを読む…

2021年11月26日

2021年10月7日から3日間、幕張メッセで開催された「JAPAN DIY HOMECENTER SHOW 2021」(DIYショウ)のレポートPART2です。
続きを読む…

2021年10月14日

2021年10月7日から3日間、幕張メッセで開催された「JAPAN DIY HOMECENTER SHOW 2021」(DIYショウ)に行ってきました!今回は残念ながら一般入場はできず、事業者のみでの開催となってしまいましたが、このレポートで少しでも会場の雰囲気を感じていただければ嬉しいです。来年は通常開催できることを願っています。
続きを読む…

2021年10月14日
もっと見る