人気の検索キーワード: IKEA  無垢    100均  セリア 
トップ「庭・エクステリア」のDIYレシピ > キンキンに冷えます・・ウッドクーラーボックス
キンキンに冷えます・・ウッドクーラーボックス
naotohal
2017年03月25日
自前のクーラーボックスの保冷力に不満を感じ・・ なら自分で作ろうと思ったのがきっかけ 住宅用断熱材を木箱で覆い、中に市販の安物ソフトクーラーをセットして使います。
かかった費用: 5,000円
所要時間:   3日
いいね
2
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
材料
ラワン材  
蝶番 
ニス 
工具
電動ドリル
サンダー
のこぎり
step1
木材を箱形に組み、ボンドで仮固定します。
ステップ1
step2
ボンドが乾いたら、ドリルでダボ用(6mm)の穴を開けます。
ステップ2
step3
その穴にボンドを流しダボを差し込んだら、余計な部分はのこぎりでカット。
ステップ3
step4
サンダーで角を削り、ツルツルに仕上げます。
ステップ4
step5
ニスで色を塗ったら、シリコンシーラントで隙間をコーキング。 気密性を上げて保冷力をアップするためです。
ステップ5
step6
次は蓋をロックするためのパーツ作り。 材は同じラワンの角棒から切り出します。
ステップ6
step7
しっかりロックされることで気密性も上がります。
ステップ7
step8
内側に住宅用断熱材(30mm厚)を張り、表面に銀シートを貼付け断熱効果を高めます。
ステップ8
step9
中に市販の安物ソフトクーラーを仕込めば完成。 数万円する某メーカーのクーラーボックスよりよく冷えます。
ステップ9
コツ・ポイント
中に仕込むソフトクーラーの寸法に合わせ作りますが、サイズがピッタリすぎるとあまり保冷剤が入りませんので、多少余裕を見て作った方がいいです。 クーラーボックスはとにかく気密性を上げることが保冷力に繋がるので、隙間を作らないのは鉄則です。
やってみた感想
保冷力抜群で真夏のキャンプには欠かせません。 少し大変でしたが、いつでもキンキンに冷えたビールが飲めるようになったので、大満足です。
いいね
2
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピを投稿したユーザー
DIY好き、インテリア好き、アウトドア好きな男で父親です。