人気の検索キーワード: IKEA  無垢    100均  セリア 
トップ「グリーン・ガーデニング」のDIYレシピ > 小さなガジュマルでつくるミニ盆栽
小さなガジュマルでつくるミニ盆栽
日の出ファクトリー公式
2016年11月17日
日の出ファクトリーで開催した、エンジョイボタニカル推進室の『ガジュ活』ワークショップで、「ガジュマル」ミニ盆栽をつくりました。ワークショップで大事なポイントをみっちり教わって、もちろん作った作品はお持ち帰りできます。
かかった費用: 4,000円
所要時間:   1時間
いいね
2
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
材料
ガジュマルの木 1
器と鉢底ネット 1
用土 適量
肥料(元肥) 少々
工具
シャベル
ワリバシ
針金
ピンセット
step1
ガジュマルと器を用意します。大きさは、ちょっと大きめの湯呑みサイズで、高級感のある「焼締め鉢」。底に水抜きのための穴が空いています。
ステップ1
step2
ガジュマルを鉢から取り出します。ガジュマルを軽く持って引き抜けば取り出せます。根が張って取り出しにくいときは、鉢の底から棒などで押し出すようにするとうまく取れます。
ステップ2
step3
根の周りについた土を丁寧に取り除きます。なるべく根を切らないように、やさしく少しずつ土の固まりをほぐすようにします。
ステップ3
step4
器の底にネットを取り付けます。置くだけではなく、アルミの針金でしっかり固定しましょう。土が落ちるのを防ぎ、虫の侵入を防いでくれます。差し込んだ針金は裏側でUの字に曲げて固定しましょう。
ステップ4
step5
ガジュマルを植える位置、角度を決めます。今回はやや横向きに植えてみることにしました。
ステップ5
step6
土を用意し、シャベルにとっておきます。
ステップ6
step7
左手でガジュマルの位置を決め、動かないように押さえながら、下から1/3くらいまで土を入れていきます。
ステップ7
step8
左手を固定したまま、ワリバシで軽く突くようにして、根と根のすき間に土を入れていきます。丁寧にやると、根と土がなじんで、ガジュマルがしっかりと安定します。
ステップ8
step9
肥料(元肥)を用意します。
ステップ9
step10
粒状の元肥なので、土の表面にパラパラと置くだけでOKです。
ステップ10
step11
さらに2/3まで土を入れ、ステップ8と同様にワリバシで突いて、根と根の間に土を入れていきます。
ステップ11
step12
残り1/3の土を入れ、上から指で押さえてしっかりと安定させます。器ギリギリまで入れず、ウォータースペースとして、上から1cmくらい空けておいてください。
ステップ12
step13
植え終わりました!
ステップ13
step14
最後に水差しで水をあげます。一気に入れると土が溢れるのでゆっくりとあげましょう。底から出てくる水が透明になったら完了です!
ステップ14
コツ・ポイント
ガジュマルの位置を決めたら、左手でしっかりと固定して、最後まで動かさないのがポイントです。 そのため、必要な土や肥料はあらかじめ、届くところに用意しておきましょう!
やってみた感想
ひとつひとつの作業を丁寧にやるほど、愛着がわいてきます。
このレシピのキーワード 
いいね
2
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピを投稿したユーザー
日の出ファクトリーはつくる人が集う場所。 ワークショップ・教室・部活動、つくる人たちの様々な活動を応援する新しいシェアスペースです。