人気の検索キーワード: 無垢    照明  戸棚  塗装 
トップ「棚・ラック」のDIYレシピ > バーベキューやキャンプに便利な持ち運び簡単鉄筋ロストル
バーベキューやキャンプに便利な持ち運び簡単鉄筋ロストル
GTO
2020年05月26日
バーベキューやキャンプを頻繁にするので鍋を置いたりも出来る丈夫な物が欲しくて作る事にしました。 モニター当選でSUZUKID製半自動溶接機のBUDDYとSUZUKID製液晶式自動遮光溶接面のJIDOUMEN FFを頂いたのでこちらを使用してみました。
かかった費用: 400円
所要時間:   1時間程度
いいね
3
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
材料
鉄筋10mm×4m 2本
 
工具
グラインダー
半自動溶接機BUDDY
液晶式自動遮光溶接面JIDOUMEN FF
鉄筋曲げハンドル 10mm用
鉄筋曲板 10mm用
step1
脚になる鉄筋をコの字型の長さ分をグラインダーで2本カットし、コの字内側に入れる鉄筋も4本カットします。(写真は一脚分) ココで早速JIDOUMEN FFを使用してみました。 溶接時じゃないのに?と思われた方もいらっしゃるかもしれませんがこのJIDOUMEN FFはグラインドモードが付いています。 結果、スイッチ一つでグラインダー時にも顔を守って安全に作業が出来ました!
ステップ1
step2
ロストル(五徳)部になる外枠の鉄筋をカットします。 ロストル内側の二本の鉄筋もカットします。
ステップ2
step3
鉄筋曲げハンドルと鉄筋曲板を使い脚のコの字とロストルの外枠を作ります。
ステップ3
step4
そして最終段階! 脚部分とロストル部に補強溶接をします。 脚部分は鉄筋がギリギリ入る隙間を空けて溶接して下さい。 空けすぎるとロストルを支える際に足が斜めに開きすぎるので注意!
ステップ4
step5
脚部分にロストルを入れ込めば完成です! ロストルのサイズ、脚部分は好きな長さに設定して簡単に作る事が出来ます!
ステップ5
コツ・ポイント
鉄筋を曲げる際は水平に曲げて下さい。 水平にならないと綺麗なコの字や☐にならずに斜めってしまうので注意です。
やってみた感想
最初ですので初歩的な溶接での制作をやってみました。 BUDDYは半自動溶接機ですので溶接棒を取り換える手間も無く初心者にもとても使いやすく便利です。 JIDOUMEN FFは溶接時はもちろん、グラインダー時にも使えて、何より両手が使えるのでとても作業がしやすく便利でした。 鉄筋は安く失敗してもやり直しのコストも低いので気になる方はお試し下さい!
いいね
3
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピを投稿したユーザー
趣味でDIYを楽しんでおります。 木工や鉄鋼等 既製品として購入した物を使い易く改良したりイチから作成したりしています。