人気の検索キーワード: 無垢    照明  戸棚  PLAYWOOD 
家の裏の倉庫をDIY
りき
2018年05月13日
もともと骨組みと屋根だけあった家の裏の古い倉庫が、雨風にさらされて物が置きにくかったので、骨組みを追加して壁をDIYしました!
かかった費用: 6,000円
所要時間:   3時間
いいね
4
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
材料
カラートタン角波ブラウン6尺 5枚
赤松垂木25×30×1800mm 4本
鉄板200mm 4本
工具
鉄板用ハサミ
ドリル

step1
塩ビパイプで作られた古い骨組みに木材の骨組みを追加するため、寸法を測って必要な木材と、壁にするためのカラートタン角波のブラウンを5枚買ってきました。 カラートタン角波板は1枚1000円くらいでした。 屋根も古くて変色してますが^^;今回はそのまま使用します!
ステップ1
step2
手前の柵も古くてサビてたのでサビ止め塗料で塗りました!
ステップ2
step3
骨組みの木材は鉄の板を曲げて留めます。 丁度良いサイズのが無かったので・・・ 最初は軽く留めて、位置が決まったら後でしっかり留めなおします!
ステップ3
step4
角波板が少しだけ長かったので、現物合わせで鉄板用ハサミを使って切りました。 角波板を留める時は骨組みの位置がわからなくなってしまうので、マスキングテープを外側に貼って、骨組みの位置がわかるようにしました!
ステップ4
step5
全部とめ終わったらマスキングテープを剥がしてひとまず完成!! 雨風の心配がなくなりました! 後で入口のトビラなども作ろうと思ってます^^
ステップ5
コツ・ポイント
角波板を何枚も貼っていくと、位置などを間違えると修正が難しくなるので、最初によく合わせてみてから作業しました!
やってみた感想
角波板は普通の波板より見た目もいいし、思ったより加工しやすかったです^^ 雨が吹き込まないので色々と物を置くことができるようになりました!
このレシピのキーワード 
いいね
4
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピを投稿したユーザー
DIYで一度作り始めると、完成するまでのめりこんでしまうタイプなので、ほどほどに作っていきたいと思います!