人気の検索キーワード: 無垢    照明  戸棚  PLAYWOOD 
トップ「メンテナンス・お掃除」のDIYレシピ > 洗濯機用水栓のハンドル部からの水漏れ修理
洗濯機用水栓のハンドル部からの水漏れ修理
rosco
2018年05月31日
洗濯機の水栓のハンドルから水がポタポタと漏れてきていますので、パッキンの交換をして水漏れをとめます
漏れは右側の水のほうですが経年劣化が考えられますのでお湯の方も同時に交換します
かかった費用: 320円
所要時間:   15分
いいね
0
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
材料
ゴムパッキン 2
工具
プラスドライバー
プライヤー
雑巾
マイナスドライバー
step1
まずマイナスドライバーで元栓を時計回りに締めます
元栓の種類はいろいろありますが今回は画像の形状でした
お湯、水と2つありますので忘れずにしっかりと締めます
ステップ1
step2
ハンドル上部にキャップがありますので外します
ステップ2
step3
ネジの頭が露出しますのでプラスドライバーで緩めます
ステップ3
step4
するとハンドルが取れる状態になりますので引っこ抜きます
ステップ4
step5
プライヤーでキャップ部分を取り外します
その時に水が漏れますので、タオルを掛けて緩めると良いでしょう
ステップ5
step6
取り外すとパッキンがでてきました
これが経年劣化でゴムが固くなり縮むので水が漏れる原因になります
ステップ6
step7
新しいパッキンに交換します
ステップ7
step8
あとはもとの手順で戻していきます
ステップ8
step9
しばらく水圧をかけてテストしてみて水漏れがないかチェックします
ステップ9
コツ・ポイント
元栓をしっかり締めて各部を緩めるときは雑巾で覆えば水が漏れてきても焦ることなくできます
やってみた感想
水栓を新たに買ったり、水道屋さんを呼ぶとお金がすごいかかりますが、ゴムパッキンの数百円で水漏れを直すことができたので満足感は高いです
このレシピのキーワード 
いいね
0
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピを投稿したユーザー
おもに自宅のプチリフォームを中心にあげています とりあえず何でも自分でやってみるのでだんだんスキルが身についてきて楽しいです