人気の検索キーワード:   照明  塗装  溶接 
トップ「雑貨・小物」のDIYレシピ > 無骨さがカッコいい!溶接 DIYでつくるアイアンフック
無骨さがカッコいい!溶接 DIYでつくるアイアンフック
SUZUKID公式
2020年08月26日
アイアンの フラットバー に J型 のフックを溶接しただけの、いかにも ”アイアン ”といった「壁掛けフック」。シンプルだけど強度は充分。パーツも少なく、溶接初心者の方でも簡単に作れ ます。
かかった費用: 3,000円
所要時間:   30分
いいね
4
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
材料
鉄製4穴プレート(フラットバー)厚さ3ミリ 1枚
鉄製 J型バーフック 直径 9mm 3本
取付用ビス 4本
工具
半自動溶接機・マグホールド
ヤスリ・ワイヤーブラシ
ドライバー
step1
材料はたったこれだけ 。 フラットバーには固定用の穴が 4 ヶ所に空いています。
ステップ1
step2
J型フックの取り付け位置、フックの向きや角度を決めて、マグホールドで仮止めし、 石筆などで目印をつけておきます。
ステップ2
step3
溶接する箇所に、スパッタ付着防止剤をスプレーします。 スパッタ付着防止剤を塗布しておくと、スパッタ(溶接時に発生した火花)が材料に付着して冷え固まった粒を除去する際に作業が容易になり、作業時間の短縮や、スパッタが付着し難くなる分、仕上がりを綺麗にすることができます。
ステップ3
step4
まずはフックとプレートの溶接部分を「点溶接」で仮止めした後、ペンチなどで角度を微調整し 、その後、本溶接します。本溶接は、プレートとフックの接地面を狙います。
ステップ4
step5
溶接直後に、溶接用ペンチなどで角度の微調整を行ない、ヤスリやワイヤーブラシで、スパッタ、スラグを取り除き磨きます。
ステップ5
step6
プレートの4 ヶ所をビスで固定したら完成です!
ステップ6
コツ・ポイント
点溶接するときに、フックの位置や角度がずれないように気をつけましょう。SUZUKIDマグホールド(マグネット器具)など、材料の保持器具を活用するのも、上手に溶接するコツです。
やってみた感想
4点のパーツだけで作れる初心者向けのレシピです。しっかり溶接ができていればかなり重 いものも掛けられます。
このレシピのキーワード 
いいね
4
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピを投稿したユーザー
Welders Be Ambitious!! ~ 溶接人よ、大志を抱け ~ 小型溶接機のパイオニア - スター電器製造の公式アカウントです。