人気の検索キーワード: 無垢    照明  戸棚  塗装 
トップ「家具・照明」のDIYレシピ > 折り畳み式ベビーフェンス
折り畳み式ベビーフェンス
saburi-ta
2018年05月27日
2歳の子供用のベビーフェンスを家の通路に設置したくて市販の物を探しましたが、 サイズとデザインの合うものが無かったので作ってみました。
かかった費用: 3,000円
所要時間:   3時間
いいね
8
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
材料
木材18×18×3640mm 3本
・木材24×45×1820mm 1本
一枚板 1枚
ノブスター オレンジ 2個
鬼目ナット 2個
蝶番 3個
ネジ類 少し
工具
電動ノコギリ
電動ドリルドライバー
六角レンチ
サンドペーパー
カンナ
step1
18×18mmの木材を均等な長さに切り揃えます。 角はなるべく丸くして、怪我をしないように加工しました。
ステップ1
step2
アーム(筋交い)の接続部分に鬼目ナットを埋め込みます。 指定の径の穴を空けて、六角レンチで鬼目ナットを真っ直ぐにねじ込むとピッタリはまります。
ステップ2
step3
鬼目ナットとボルトを使って筋交いを固定することで、後から取り外しも簡単にできるようになります。
ステップ3
step4
ここで鬼目ナットとセットで使用するのが「ノブスター」という組み立て式のボルトです。 頭にプラスチックの大きなつまみがついているので、手で回して締めたり緩めたりすることができます。
ステップ4
step5
アーム用の木材を支柱に合わせて削り、鬼目ナットにノブスターを締め込んだらアームが完成。
ステップ5
step6
折りたためるようにするため、蝶番を使って90度に固定します。
ステップ6
step7
折りたたむとこんなかんじに。 使わなくなった時にも収納に困りません。
ステップ7
step8
裏側にも蝶番で折り畳み式の転倒防止ステーを取り付けたら完成です! 本体の左右を固定できる場所に置くので、短めのステーにしました。
ステップ8
コツ・ポイント
材料を組み立てる時に予めサンドペーパーなどで角を落としておくと綺麗に仕上がります。 (組み立ててからヤスリがけするとムラが出来るため)
やってみた感想
子供が板の上に乗ると、その重さで全体が安定するのでフェンスの役割を十分に発揮でき、役立たせることができたので満足しています!
このレシピのキーワード 
いいね
8
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピを投稿したユーザー
DIYは普段は余りやらないのに、 気が向いた時に急に始めるsaburi-taです。 物作っている時はとても楽しいですね! 今後もレシピを載せて行けるといいなぁ・・・