人気の検索キーワード: 無垢    照明  戸棚  PLAYWOOD 
トップ「バス・トイレ・洗面」のDIYレシピ > ちょっとお茶目?な換気扇ダクトカバー
ちょっとお茶目?な換気扇ダクトカバー
Taatan
2019年06月30日
アパートによくある換気扇のダクト(排気口)ですが、管理側から「夏になると換気扇の隙間から虫やコウモリが入ってきます。対策はご自分で。」という説明があったらしく「え~!?対策って?できませんけど!」ということで依頼され、即席でスピーディーに対策してきました。
かかった費用: 250円
所要時間:   20分
いいね
1
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
材料
ランドリーバッグ(100均) 2個
アルミハリガネ2mm径 2本
 
工具
ハサミ
ニッパー

step1
もともとはこんなかんじのダクトです。お風呂とトイレの換気扇に繋がっているので、この2cmくらいある荒い隙間をすりぬけた虫やコウモリが中に入ってくる可能性もあるわけです。コウモリはダクトの途中でバタバタしてるかもしれません。
ステップ1
step2
それはカンベンしてほしい。。。ということで手短かな物でササッと対策できないかな~と考えたところ、100均でダクトとほぼ同じ径(16cmだったと思います)の円柱形のランドリーバックがあったので、これを使ってみることにしました。
ステップ2
step3
本来は衣類を入れて、洗濯機の中に入れて洗濯するためのものですが、まったく違う場所で使わせてもらいます。円柱の片方側をハサミで切り離します。
ステップ3
step4
あとはダクトにスポッとかぶせて、用意していたハリガネで根元をグルリと回してねじるだけ。ねじったハリガネを邪魔にならないように押し込んだら
ステップ4
step5
できました!骨組みが入っているタイプだったので形も崩れることなく装着できました。網をピッタリくっつけてしまうと排気効率が悪くなってしまいそうですが、これなら大丈夫そうです。
ステップ5
step6
もう片方も同じように装着して完成!これでひとまず虫やコウモリ進入の心配をしなくて済みそうです。
ステップ6
コツ・ポイント
ダクトの径はいろいろあると思うので、それに合いそうなサイズのものを買うといいと思います。1~2cmくらいはひっぱれば融通がききます。
やってみた感想
見た目がちょっとお茶目で笑えるので、「なんでここにこれが?」と笑われても自信をもって説明できる人にはオススメです。1個10分もかからずできます。
このレシピのキーワード 
いいね
1
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピを投稿したユーザー
日頃から身の回りの物を作ったりしてDIYを楽しんでいます。 不便を感じたら、それを解消できる物を考えて自分で作ります。パーツなどの材料も可能な限り自分で作っています。