人気の検索キーワード: 無垢    照明  戸棚  PLAYWOOD 
トップ「グリーン・ガーデニング」のDIYレシピ > チェンソーのヘッドカバーを作ってみた
チェンソーのヘッドカバーを作ってみた
Taatan
2019年02月28日
電動チェーンソーのチェーン部分がむき出しで収納する時に危ないので、木材を貼り合わせて専用のヘッドカバーを作ってみました。もともとカバーが付いているのもありますがこれは無かったので、必須アイテムとなりました。
かかった費用: 1,500円
所要時間:   2時間
いいね
5
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
材料
シナベニヤ4mm厚 1枚
ボルト・ナット・ワッシャー 6セット
サドルバンド(小) 1個
ウレタン塗料(レッド) 1缶
パラコード40cm 1本
コードストッパー 1個
工具
ジグソー
卓上丸ノコ
インパクトドライバー
ボアビット13mm
木工ボンド
step1
チェーンソーのチェーンが出ている部分をカバーしたいので、その部分のサイズを計測します。
ステップ1
step2
特に重要になりそうなのがチェーンの幅。5mm弱の幅なので、6mmくらいの隙間があれば入るかな?という予想をたてました。
ステップ2
step3
計測して設計した長さに、厚さ6mmのシナベニヤを切って3枚を貼り合わせることにしました。
ステップ3
step4
のっぺらぼうのカバーでは面白くないので、見た目の飾り用の穴を13mmボアビットで開けます。均等な間隔になるようにあけました。ちょっとしたゴミや切りカスを逃がす穴にもなります。
ステップ4
step5
表面を整えた3枚の板をウレタン塗装のレッドで塗って、貼り合わせました。(塗装前の写真を忘れてしまいましたが^^;)ボルト穴を真っ直ぐ貫通させて、ボルトで固定してしまえばクランプ&ボンド乾燥の工程を省けます。
ステップ5
step6
真ん中の板は、チェーンソーのソーチェン&ガイドバーが入るスペースを開けて切り抜いて接着しました。
ステップ6
step7
一番手前のボルトを一旦外し、ネジ穴を1つ追加して、小さいサドルバンドを取り付けます。
ステップ7
step8
そこに約40cmのパラコード(キャンプや登山などで使うロープ)を通してコードストッパーで留めて完成!
ステップ8
step9
カバーをかぶせてみると・・・スススっと入りました!キツくもなく、緩くもなくいいかんじです。チェーンソー本体の形状に合わせてカバーの根元はナナメに加工しました。
ステップ9
step10
根元まで入ったら先ほどのパラコードとストッパーを緩めてハンドガードにひっかけてまた締めます。そうすると、何かの拍子にカバーが外れてしまうことを防止できます。
ステップ10
step11
等間隔で開けた穴がアクセントになって、見た目も本体になじんだ使いやすいカバーとなりました。
ステップ11
コツ・ポイント
ソーチェンの幅+1mmくらいの隙間で作ると良いようです。余裕をもたせたい場合は多少ゆるめに作っても良いと思います。
やってみた感想
色を本体と合わせたことで、一体感が出てよかったです。まわりにぶつかっても大丈夫なので、どこにでも持って行けるようになりました。
このレシピのキーワード 
いいね
5
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピを投稿したユーザー
日頃から身の回りの物を作ったりしてDIYを楽しんでいます。 不便を感じたら、それを解消できる物を考えて自分で作ります。パーツなどの材料も可能な限り自分で作っています。