人気の検索キーワード: IKEA  無垢    100均  セリア 
トップ「壁を貼る・塗る・飾る」のDIYレシピ > 子どもの絵をかざるフレーム(額縁)をつくってみた
子どもの絵をかざるフレーム(額縁)をつくってみた
Ricky♂
2017年01月13日
子どもが中学生の時に描いたゴッホの模写。卒業後、捨てるのが忍びなくて飾るための額縁を作ってみました。BRIWAXでシャビーな感じに仕上げました。ガラスなどはありません。ただの枠です。
かかった費用: 3,000円
所要時間:   3時間
いいね
1
お気に入り
1
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
材料
角材 1
細い角棒 1
薄いベニア(裏板) 1
オイルステイン(ワトコ ミディアムウォルナット) 適量
BRIWAX(ラスティックパイン) 適量
木工用ボンド 適量
工具
ノコギリ(ソーガイドがあれば尚可)
タッカー
刷毛、ウェス、スチールウール
つまようじ
(あれば)コーナークランプ・C型クランプ
step1
余っていた角材と細い角棒を用意して。
ステップ1
step2
角材の片方にボンドで細い角棒を貼り付けます。これがあるとちょっとかっこいい仕上がりになります。マスキングテープなどでしっかり固定しましょう。
ステップ2
step3
額の大きさを決めたら角を45度にして切っていきます。手ノコでピッタリ切るのは難しいので、ソーガイドなどの冶具を使った方がベターです。
ステップ3
step4
木工用ボンドで接着。コーナークランプ便利です。
ステップ4
step5
ボンドだけだとちょっと不安なので、つまようじで補強。接合部分にドリルで細い穴(2mmくらい)の穴を開けてボンドをつけたつまようじを刺します。乾いたら切ってサンドペーパーをかければほとんどわからなくなります。
ステップ5
step6
オイルステインで着色。刷毛で塗るだけです。
ステップ6
step7
オイルが乾いたら軽く表面を拭きとって、BRIWAXで仕上げ。BRIWAXはカンタンに塗れて仕上がりがいいので愛用してます。少しづつ塗り広げて、20分くらい放置してあとはウェスでゴシゴシ磨いていきます。ウェスに色がつかなくなれば完了!
ステップ7
step8
最後に絵を入れて位置を合わせたら、まず裏板と絵の枠をタッカーで固定。次に裏板と額をビスで固定して完成!
ステップ8
コツ・ポイント
45度のカットは難しいので、できればソーガイドを使いましょう。 オイルステインなしで、BRIWAXを直接塗っても大丈夫だと思います。
やってみた感想
ピッタリに作ったつもりでしたが、すき間があいてしまいました・・・。
いいね
1
お気に入り
1
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピを投稿したユーザー
細かい作業は苦手なので、ツーバイ材などでガンガンつくるDIYが好きです。