人気の検索キーワード:   照明  塗装  溶接 
トップ「庭・エクステリア」のDIYレシピ > タープテントの雨漏りを補修してみた(耐候・超強力防水テープ)
タープテントの雨漏りを補修してみた(耐候・超強力防水テープ)
Taatan
2021年04月07日
キャンプや庭作業でも役立つタープテントが経年劣化で雨漏りするようになってきたので、補修してみることにしました。一般的なガムテープサイズのナイロン補修シート等では剥がれやすく頼りないので、78mm幅の防水補修テープを使いました。
かかった費用: 2,000円
所要時間:   1時間
いいね
2
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
材料
防水補修テープ(78mm幅×8m) 1個
強力防水スプレー 1缶
 
工具
ハサミ


step1
テントの雨漏りを補修したいので、どのへんが雨漏りするか、雨の日に事前に確認しておきます。
ステップ1
step2
幅が78mmあって厚手で強力そうな防水テープを見付け1500円くらいで購入。タープテントの色に合いそうなグリーンがあったのでこれにしました。
ステップ2
step3
テントの骨組みの上にシートを乗せた状態で、骨組みの間から顔を出して作業するとやりやすかったです。
ステップ3
step4
特に頂上部分からの雨漏りが目立ったので、ここから始めます。防水シートの剥離紙を剥がして3列並べて正方形になるように貼り付けます。
ステップ4
step5
表と裏から押さえながら貼るとしっかり張れます。人手が無くてもテントシートを手が届くあたりまでめくってやれば一人でも裏表から抑えられます。
ステップ5
step6
正方形に貼ったら、さらにその正方形の対角線上をまたぐように長めのテープを貼ります。この時角を落としておくと後々はがれにくいです。
ステップ6
step7
もう一方の対角線上にも貼ります。これで正方形のシールも剥がれにくくなります。
ステップ7
step8
他の細かい雨漏り箇所も同じテープを貼りました。強力防水スプレーも念のため全体に吹きかけておきます。
ステップ8
step9
これで補修完了!作業中の不意の雨を防いだり、キャンプでもまだまだ活躍してくれそうです。
ステップ9
コツ・ポイント
シートだけ広げて作業すると、雨漏りがどこだか分からなくなったりするので屋根を張った状態で作業したほうが分かりやすいです。マスキングテープ等で印をつけておくとなお良いです。
やってみた感想
雨の日も含めてしばらく使いましたが雨漏りせずに使えています。この防水テープはちょっと値が張りますが厚手で強力なのでオススメです。グリーンだけどアルミ素材っぽいので光ってますがさほど目立ちません。
このレシピのキーワード 
いいね
2
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピを投稿したユーザー
日頃から身の回りの物や便利アイテムを作ったりしてDIYを楽しんでいます。 不便を感じたらそれを解消できる物を考えて自分で作ります。パーツなどの材料も可能な限り自分で作っています。