人気の検索キーワード: 無垢    照明  戸棚  PLAYWOOD 
トップ「棚・ラック」のDIYレシピ > ビジネスラックをUVレジンでレストア
ビジネスラックをUVレジンでレストア
鉄腕おやじ
2018年10月30日
中古のビジネスラックを使おうと思ったらサビや破損などが目立ったので、全面的にレストアしてから使うことに。
かかった費用: 1,000円
所要時間:   2時間
いいね
5
お気に入り
1
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
材料
UVレジン液 1
防錆アンダーコートスプレー黒 1本
すべるシール 2セット
工具
スパナ
ペンチ

step1
以前中古で激安で手に入れたこのビジネスラック。全体的に細かいサビが見られ、そのまま使うには気になる所が多数。
ステップ1
step2
引き出しに至っては割れていてテープでとりあえずの応急処置が前後に何カ所も有り。
ステップ2
step3
そこで使ってみたのがUVレジン。今回購入したのはいずれも100均で売っていた極小量タイプの使い切りサイズ。左側の「速乾UVレジン、クリア」を使ってみることに。
ステップ3
step4
引き出しの割れを見てみると、見事に割れている。これでは瞬間接着剤で付けても引っ張るとまたすぐに割れることが予想できる。
ステップ4
step5
UVレジンは歯医者でも使われていて、紫外線を当てることによって硬化し非常に強度が高い「紫外線硬化樹脂」とのことで、割れ部分に塗ってみた。(おそらく歯医者のは純度や種類は違うはず)
ステップ5
step6
完全な液体ではなく、塗った直後から少し粘りがあり塗布しやすかった。UVライトは持っていないが、太陽光の紫外線でも10分くらいで硬化するらしいので、塗り終わったら日光に当ててみた。
ステップ6
step7
日差しが弱かったためか、10分では固まらず、30分後くらいには指でなぞっても大丈夫なくらいになった。1時間後にはほぼ完全に硬化してカチカチのプラスチック状になり、同化したように見える。
ステップ7
step8
ラックの骨組みはサビが目立ったので、車の下回りに塗るための防錆アンダーコートスプレーを全体に塗り、頑丈な皮膜を形成。多少の擦れでも剥がれにくく、見た目も頑丈そうになった。
ステップ8
step9
キャスターは使わないので外そうと思ったら、すでに破損があり、ネジがバカになっていて外すのに一苦労。スパナを使って慎重に回して取り外した。
ステップ9
step10
引き出しの受け部分も曲がっていたのでペンチで調整。
ステップ10
step11
ボディーは黒々としたツヤのある新品同様の見た目となった。
ステップ11
step12
ついでに、引き出しをスムーズに出し入れしたいので「すべるシール」という家具の下などに貼り付けて使うテープを使ってみた。
ステップ12
step13
これを6mmくらいの幅に切り揃える。
ステップ13
step14
引き出しが当たる下と横の部分に貼り付けた。本当は奥まで長く付けたいが、シールが短いのと、引き出しが10段もあるので手前側のみに付けた。
ステップ14
step15
これで十分に引き出しがスムーズに出し入れできるようになった。引き出しを全部入れたら完成。割れたキズも遠目からではほとんど目立たなくなった。
ステップ15
コツ・ポイント
UVレジンを塗布したら完全硬化までは気になるが触らないこと。指紋が付いてみっともないことに。(目立たない場所にも塗布して、そこで硬化具合を確認すると良い)透明ではなく紫外線が当たりにくいに素材に対しては硬化しにくいので注意。
やってみた感想
プラスチックの割れに対して、今までは瞬間接着材や補強板を付けたりしていたが、UVレジンは硬化能力も高く長持ちもするようなので、今後も使う機会が増えそうなアイテムとなった。
このレシピのキーワード 
いいね
5
お気に入り
1
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピを投稿したユーザー
必要に迫られてやるDIYも多いが、やはり出費を抑えるにはDIYが一番。DIYで学べることは、業者に任せるより得るものが大きいと思う。