人気の検索キーワード: 無垢    照明  戸棚  塗装 
トップ「家具・照明」のDIYレシピ > 古くなった扇風機をレストア
古くなった扇風機をレストア
鉄腕おやじ
2019年06月19日
長年使っていた扇風機が、まだ使えるのに紫外線で黄ばんできたため、ペイントスプレーで塗装レストアした。
かかった費用: 800円
所要時間:   半日
いいね
4
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
材料
扇風機 1
 
 
工具
ペイントスプレー(ボデーペン)


step1
家電で特に白い色のものは太陽光に当たり続けると劣化と紫外線の影響で黄ばんでくるため、分解して塗装し直すことに。
ステップ1
step2
「しまる・ゆるめる」の矢印をよく確認して各部を外す。扇風機の羽の留め具は逆ねじになっているので注意。
ステップ2
step3
モーターカバーも黄ばんでいたので、そのへんも外してみた。網の枠が折れていたがそれも外して塗装することに。
ステップ3
step4
「ボデーペン」という、昔っぽい発音がそのまま商品名に残っているカー用品のスプレー(ホワイト系)で塗装。このスプレーは他のラッカースプレー等と比べて車のボディーに施工するような焼付け塗装に近い性能を発揮するので少し値は張るがオススメの一品。
ステップ4
step5
塗布、乾燥を数回繰り返して最後に数時間以上は乾かす。綺麗な光沢のホワイトになった。
ステップ5
step6
新品のような色の扇風機に復活。綺麗に蘇って、今年もまたお世話になることになった。
ステップ6
コツ・ポイント
塗装後に組み付ける際、手の指紋が付くので、完全に乾燥していることを確認してから作業する。
やってみた感想
古ぼけて見た目の悪かった家電も、塗装することで新しい気持ちになれるので新品に買い換える前にレストアできるか考えるといいと思う。
このレシピのキーワード 
いいね
4
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピを投稿したユーザー
必要に迫られてやるDIYも多いが、やはり出費を抑えるにはDIYが一番。DIYで学べることは、業者に任せるより得るものが大きいと思う。