人気の検索キーワード: 無垢    照明  戸棚  塗装 
トップ「収納」のDIYレシピ > BフルートEフルート段ボールでタンク入れを整理整頓
BフルートEフルート段ボールでタンク入れを整理整頓
鉄腕おやじ
2019年09月28日
キャンプ用バーナーのタンクを入れているボックスの小物が乱雑に入っていて、いつも出し入れするときに邪魔になるので、こういう場合に最適なダンボール素材を使って整理整頓をした。
かかった費用: 0円
所要時間:   20分
いいね
1
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
材料
Bフルートのダンボール 1
Eフルートのダンボール 1
 
工具
カッターナイフ
ハサミ
両面テープ
タッカー
ガムテープ
step1
タンク以外はいつも適当な場所に突っ込まれて入っている小物類。これではタンクを取り出す時も収納する時も手間が増えてしまうので、仕切りを作ることに。
ステップ1
step2
プラ板だと加工のコストも時間もかかるし、木材だと厚さが必要になって無駄が多いので、こういう時はダンボールが良い材料に。この段ボールはEフルート。
ステップ2
step3
ダンボールにはフルートという厚さ(高さ)別の基準があって、今回は1.5mmのEフルートと3mmのBフルートを使った。 (画像の規格以外にも2mmのデルタなど色々な種類がある)
ステップ3
step4
Eフルートのダンボールは薄いながらもそれなりの強度があるので、小さい収納を作る時にベスト。両面テープとタッカーで固定してこのような形に。
ステップ4
step5
そこにタンク用の補助パーツと漏斗をセットした。これで小物の位置が崩れたり紛失したりしなくなる。その下のダンボールはBフルートを使用。手元に白いガムテープしかなかったので見栄えは悪いが仕切りと汚れ防止の土台となった。
ステップ5
step6
コストをかけずに効率的に片付けられる仕切りが短時間で完成。ボックス内のスペースを無駄にすることなく収納することができるようになった。
ステップ6
コツ・ポイント
ガムテープなどで固定する前に、実際にボックスに入れてみて丁度入るかどうか確認してから固定すると間違いを防げる。
やってみた感想
収納する目的がメインで、見栄えや耐久性を求めない所にはダンボールをうまく使うと便利。ダンボールの規格が色々あるので、適した規格かどうかよく吟味するといい。
いいね
1
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピを投稿したユーザー
必要に迫られてやるDIYも多いが、やはり出費を抑えるにはDIYが一番。DIYで学べることは、業者に任せるより得るものが大きいと思う。