人気の検索キーワード: 無垢    照明  戸棚  PLAYWOOD 
トップ「メンテナンス・お掃除」のDIYレシピ > ジャッキポイントを潰さずにジャッキアップできるようになるDIY加工法
ジャッキポイントを潰さずにジャッキアップできるようになるDIY加工法
Taatan
2018年04月16日
車に装備されている純正のジャッキは不安で、市販のジャッキを購入して使う人も多いようですが、 このタイプのジャッキは車のサイドのジャッキポイントには合わない構造なので、 ジャッキアップしてみたら、ジャッキポイントが潰れてしまった!!というケースがよくあります。   ■専用アダプターも売っているのですが、ジャッキと車の間に挟むだけなので、グラグラしてけっこう危険!  加えて、アダプターを付けると接触位置が高くなるので、ローダウン車には使えなかったりもします。     ■それなら、アダプター無しでも使えるようにしてみよう!ということで工具ひとつで出来る加工法を考えました。
かかった費用: 0円
所要時間:   5分
いいね
1
お気に入り
1
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
材料
ジャッキ 1
白いペンキ(必要に応じて) 少し
 
工具
グラインダー


step1
使いたいジャッキを用意します。
ステップ1
step2
「ディスクグラインダー」という電動工具でジャッキの接続部分を一直線に削ります。 (幅約1CMくらいの溝になるまで削ります。)
ステップ2
step3
「ディスクグラインダー」はホームセンターなどでも安いものなら2000円くらいから売っています。 日曜大工が好きな方なら持っている人も多いと思います。   削った部分を分かりやすいように白く塗ってみました。
ステップ3
step4
作業は、たったこれだけです!   これだけで、ジャッキの接続部分が車のジャッキポイントをガッチリと ホールドして抑え込み、しっかりジャッキアップすることができます。 この溝があるのと無いのでは、使いやすさが全く違います。 毎回ジャッキポイントを潰してしまって困っている方、是非お試しください。
ステップ4
コツ・ポイント
なるべく1cm以上の幅で削り、削った側面にも白ペンキなどで印をつけておくと分かりやすいです。
やってみた感想
ほとんどの車種で使えるので、とても便利で大満足です。 もっと早くやっておけばよかったと思っています。 教えた他の人にも大好評です!
このレシピのキーワード 
いいね
1
お気に入り
1
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピを投稿したユーザー
日頃から身の回りの物を作ったりしてDIYを楽しんでいます。 小さなアイテムからガレージなどの大物まで、色々作ります。