人気の検索キーワード: 無垢    照明  戸棚  PLAYWOOD 
トップ「メンテナンス・お掃除」のDIYレシピ > 石油ストーブの替え芯を自分で交換してみた
石油ストーブの替え芯を自分で交換してみた
Taatan
2019年02月19日
石油ストーブの芯が劣化してボロボロになってきているようなので、燃焼効率も悪くなって火災のもとになっては大変なので、自分でパーツを取り寄せ交換してみました。
かかった費用: 1,500円
所要時間:   1時間
いいね
4
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
材料
トヨストーブ純正替しん 1
 
 
工具
特に無し


step1
まずストーブを使っていた場合は火を止めて全体が冷えるまで時間をおきます。
ステップ1
step2
トヨストーブ(TOYOTOMI)の純正替しんというパーツを取り寄せました。1500円くらいです。
ステップ2
step3
ストーブの上半身は、指で回せるネジでとまっているので工具は必要ありません。(機種によって違うと思います)ネジを外せば上半身がカポッ!と外れます。
ステップ3
step4
燃焼部分の枠を取り外し、芯を取り外す・・・というよりはもう剥がれてました^^;
ステップ4
step5
このコゲて穴が開いた物体・・・
ステップ5
step6
ボロボロになった芯が出てきました。
ステップ6
step7
付近の掃除をして、新しい芯を取り付けます。芯にピンが付いているので、受ける側のパーツの穴に合わせて取り付けます。
ステップ7
step8
綺麗な芯が取り付けできました。
ステップ8
step9
きちんと上下するか確認。大丈夫そうです。
ステップ9
step10
上半身をもとに戻したら芯の交換完了です!無事に火がつき、暖をとることができました。まだまだ使えそうです!
ステップ10
コツ・ポイント
固定ネジが指で回らない時は、マイナスドライバーか10円玉で回すと回ります。
やってみた感想
自分ではできないところかな?と思ってもネットでパーツを探してみるといいです。交換パーツが売っているということは、交換できるということですから!
このレシピのキーワード 
いいね
4
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピを投稿したユーザー
日頃から身の回りの物を作ったりしてDIYを楽しんでいます。 不便を感じたら、それを解消できる物を考えて自分で作ります。パーツなどの材料も可能な限り自分で作っています。