人気の検索キーワード: 無垢    照明  戸棚  塗装 
トップ「キッチン」のDIYレシピ > 水道レバーハンドルの応急処置と新品交換
水道レバーハンドルの応急処置と新品交換
鉄腕おやじ
2019年07月25日
水道のレバーハンドルが折れて外れてしまったので、応急処置をして、その後新品に取替えた。
かかった費用: 2,500円
所要時間:   1時間
いいね
1
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
材料
平形アルミステー 1
レバーハンドルセット 1
 
工具
プラスドライバー
万力
ペンチ
step1
水道レバーハンドルの根元が割れて外れてしまった。経年劣化もあると思うので仕方ないが、欠けた部分を接着してもまたすぐ外れるのでこのレバーは使わず応急処置をしてみた。
ステップ1
step2
外れたのはこの部分で、その下は水漏れや破損も無く問題無さそうなので、水とお湯の出し入れができるように代替えレバーを設置することに。
ステップ2
step3
初めは薄いアルミ板を使ってもともとのボルトで固定して動かせるようにしたが、アルミ板が薄かったため力を入れると曲がってしまい失敗。
ステップ3
step4
3mm厚の平形アルミステーで作り直し。
ステップ4
step5
万力で曲げて既存のレバーハンドルに近い角度にしてみると操作しやすくなった。
ステップ5
step6
使えるようにはなったが応急処置なので、後日、同じタイプのレバーハンドルを購入。
ステップ6
step7
レバーハンドルは中央のフタが外れるようになっていて、その部分をボルトと固定パーツで固定する仕組み。
ステップ7
step8
このパーツは問題無かったがせっかくなので新品に交換して取り付けた。
ステップ8
step9
レバーをかぶせてみると、前と同じ物なので丁度良く収まった。中央のボルトを締めて固定する。(周りが映り込みすぎたので画像加工していることはご了承を)
ステップ9
step10
固定できたらフタをはめ込んで完成。水・お湯の出し入れも今まで通りで問題無し。
ステップ10
コツ・ポイント
ハンドルを外したついでに、なかなか掃除する機会の無い根元を掃除してから取替えるといい。その時に水漏れが無いかも要チェック。
やってみた感想
緊急ですぐ水道を使いたければ応急処置をするといいと思うが、急ぎでなければレバーハンドルを買ってきて取替えるほうが得策。
このレシピのキーワード 
いいね
1
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピを投稿したユーザー
必要に迫られてやるDIYも多いが、やはり出費を抑えるにはDIYが一番。DIYで学べることは、業者に任せるより得るものが大きいと思う。