人気の検索キーワード: 無垢    照明  戸棚  塗装 
トップ「メンテナンス・お掃除」のDIYレシピ > 錆びてボロボロの自転車をフルレストアしてみた
錆びてボロボロの自転車をフルレストアしてみた
Taatan
2019年08月28日
一家に1台かそれ以上はある自転車。サビと劣化でボロボロになっていた学生時代の自転車をフルレストアしてみました。粗大ゴミ置き場に置いてある自転車よりもボロボロでした・・・完全自己流なので、ご参考程度に。
かかった費用: 3,000円
所要時間:   4時間
いいね
6
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
材料
自転車用スポーク 10~20本
金属製サドルバンド 2個
金属製アングル 1個
端材プラ板 1個
給食のおぼん 1個
自転車用タイヤ(16インチ) 1個
工具
ディスクグラインダー
インパクトドライバー
ハンドリベッター
自転車用レンチ
タップダイス
潤滑スプレー
step1
学生の頃に使っていた自転車。今は見るも無惨なこの姿。この状態の自転車をレストアして復活させたいと思います。(写真に写っていない前輪やサドル、ハンドルもボロですが残ってました。)
ステップ1
step2
いたるところにサビが出ていて可動部もまともに動きません。これで本当に直せるのか?と疑問を抱きながらも、半分意地になってやってみました。
ステップ2
step3
まず、後輪を外したいので、自転車用のレンチを2本使って内側と外側のナットに反対方向の力を加えて外します。サビ付いてるので潤滑スプレーを塗布してから回しました。
ステップ3
step4
後輪が外せました。後輪を外す手間は、前輪の数倍かかります。調整もしなくてはならないので、よほどのことが無い限り後輪は外さない方がいいと思います。
ステップ4
step5
スポークの根元がサビサビだったので、潤滑スプレーを塗布して時間をおき、慎重に回して外しました。
ステップ5
step6
スポークを全部外すとバランスが崩れて調整が非常に大変になるので、使えそうなところは残して交換することにしました。 片方のタイヤの劣化が激しかったので、新しいタイヤを買ってきました。
ステップ6
step7
外せたところに新しいスポークを入替えました。根元の少し太い部分がネジになっているので回して調整します。引っ張りすぎない程度にテンションをかけて締めます。
ステップ7
step8
合間に自転車のフレームを掃除&脱脂して全体をマッドブラックに塗装しました。
ステップ8
step9
後輪の付け根に入っているベアリングにグリスを注入します。砂埃などは極力落としてからグリスアップすると砂を噛むことも少ないと思います。
ステップ9
step10
ホイール内側にリムテープを貼って、チューブの接触による破れを防止します。
ステップ10
step11
一旦空気を入れながらチューブをバランス良くタイヤ内に納めます。
ステップ11
step12
チェーンテンショナーのパーツが欠品していたので、アングルを3cmくらいで切断して穴を開け、自作チェーンテンショナーパーツを作りました。(ハブボルトがなめてしまっていたので、修理を後ほど...)
ステップ12
step13
実際のパーツはこんなかんじですが(反対側)それなりの強度でナットがひっかかるようになっていれば十分です。
ステップ13
step14
サドルまわりの各パーツは車のシャーシ用の耐久性の高いシャーシブラックで塗装しました。
ステップ14
step15
途中で一旦タイヤ等を組んでみて確認します。順調に直ってきています。
ステップ15
step16
片方のタイヤから空気漏れしているようなので、定番の確認方法で・・・タライに水をはってチューブを沈め、ブクブク泡が出てきた箇所を補修します。
ステップ16
step17
穴が開いていた箇所に印を付けて、その付近を綺麗にしてサンドペーパーで軽く擦って表面処理します。
ステップ17
step18
自転車パンク修理用のパッチをあててトンカチなどで叩いて圧着して時間をおきます。(叩きすぎに注意)
ステップ18
step19
パッチ周辺が乾いたら先ほどの方法で空気漏れの確認をしてパンク修理完了です!続いてタイヤをかぶせていきます。自転車用のテコを2本以上使ってタイヤとホイールの間にテコをハサミながらタイヤをはめ込んでいきます。けっこう力がいります。
ステップ19
step20
空気を入れるバルブの位置も確認しながら、綺麗にタイヤをはめることができました!
ステップ20
step21
次に、グラインダーで何を削っているかというと・・・
ステップ21
step22
金属製アングルの両端を15度くらい曲げて、こんなパーツを作りました。プラスチックの板も使います。
ステップ22
step23
このアングルを自転車フロントタイヤの上のところにはめ込み、カゴとフレームにボルトで固定します。
ステップ23
step24
さらにプラスチック板も取り付けたら、泥よけの完成!フロントの泥よけが無くなってしまっていたので作ってみました。
ステップ24
step25
今度はタップダイスという道具を取り寄せて、ボルトの補修をします。
ステップ25
step26
先ほどの、後輪のボルトがなめてしまっていたところにこのタップダイスをはめて回すと、ボルトの溝が削れて復活します!重要な部分なので、慎重に。
ステップ26
step27
チェーンにパーツクリーナーを吹きかけて、たまっていた油汚れなどを落とします。通販番組でよく見かける高圧洗浄機でもいいかもしれませんが、最後に水気はしっかりとったほうがいいです。
ステップ27
step28
チェーンを繋ぐパーツ、ジョイントリンクも一旦外して、摩耗が激しいようなら交換したほうがいいと思います。写真の程度ならまだ使えるかと。
ステップ28
step29
後輪のハブ固定部分にロックナットが入っているので、「玉押し」という調整方法で調整します。
ステップ29
step30
2本のレンチで締め込んでタイヤやハブのブレがなくなるようになればOKです。
ステップ30
step31
中古の給食のおぼん(アルミ製)を切断してさらにもう1つパーツを作りました。
ステップ31
step32
フレームにパイプクランプを取り付けて、ステーをはさみます。
ステップ32
step33
ハンドリベッターを使って、先ほど切断したおぼんの切れ端にステーを追加していきます。
ステップ33
step34
こんなふうになりました。アルミステーをおぼんの切れ端のアールに沿わせて曲げています。
ステップ34
step35
これをマッドブラックで塗装して、パイプクランプのところに取り付けると、自作のチェーンガードができました!これでズボンの裾を巻き込むこともなくなります。
ステップ35
step36
その他細かい調整は割愛しますが、ライトも修理して取り付け、カゴもデコボコして錆びていたものを直して塗装して取り付けました。
ステップ36
step37
リアの足回りも組み直して万全です!自転車を停める時のステップもフレームと同じマッドブラックに塗装して統一感を出しました。
ステップ37
step38
サドルやハンドル、ブレーキも取り付けて調整したら完成です!!まだまだ乗れます!
ステップ38
コツ・ポイント
ナットなどの可動部がサビているところは無理せず潤滑スプレーを塗布して浸透してから回すと回しやすくなります。5-56は揮発性が高いのでブレーキワイヤーに入れないほうがいいです。(粘度の高いオイル推奨) 特にリアまわりは外す前に写真を撮りながらやったほうがいいです。慣れていないと戻す時にどんな状態だったか忘れてしまって苦労します。(体験談)
やってみた感想
レストア前の状態がウソのような仕上がりになり、オリジナルパーツも満載で大満足です。学生からの自転車の復活に、今まで以上に愛着が増しました!
このレシピのキーワード 
いいね
6
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピを投稿したユーザー
日頃から身の回りの物を作ったりしてDIYを楽しんでいます。 不便を感じたら、それを解消できる物を考えて自分で作ります。パーツなどの材料も可能な限り自分で作っています。