人気の検索キーワード: 無垢    照明  戸棚  塗装 
トップ「壁を貼る・塗る・飾る」のDIYレシピ > DIYで作業小屋を作ってみた【壁塗装編】
DIYで作業小屋を作ってみた【壁塗装編】
Taatan
2020年05月16日
小屋作りの入口コンクリまで進んだので、壁の塗装に入りました。合板をそのまま壁にすることは通常の住宅ではあり得ませんが(虫が沢山いる立地なので虫が住み着きにくいツルンとした壁にしたかったという理由もあり)まぁ作業小屋なので良しとしてw 塗り方の失敗もありつつ、防水効果のある塗料で全体をコーティングしていきました。
かかった費用: 7,000円
所要時間:   1日
いいね
3
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
材料
防腐防カビ防水塗料7リットル缶 1缶
 
 
工具
ハケ
ガラス瓶
脚立
step1
まずは小屋の裏側の雨除けを付けた面から塗装を済ませてしまおうと、取り掛かりました。塗料は「蜜蝋」が入っていることで防水できる珍しい塗料で、(名前と写真忘れてしまったので後ほど)ウォルナットカラーを選びました。
ステップ1
step2
保管していたペイントローラーを使おうと思ったら劣化で破損して使えなかったので・・・買いに行くのもなぁと思って(お店まで往復時間がけっこうかかるので)普通のペイントハケで塗ることに。
ステップ2
step3
このタイプのハケは、垂れるし垂直なところを広範囲に塗るには向いていません。ペイントローラー買いにいけばいいのに、そのまま進めてしまいました。これが後々大変なことに・・・
ステップ3
step4
続いて右側面の壁を塗りましたが脚立を使ってなんとなく左上から右上・・・というかんじで塗ってしまったのがNGでした。休憩やら用事やらで時折時間が空いてしまったりもして・・・(失敗例→)
ステップ4
step5
いざ1度目を塗り終わって全体を見てみると、時間が空いた箇所との境目がムラだらけ。適当に分けて上から段々に塗ってしまったのが良くなかったようです。
ステップ5
step6
それを教訓に、反対側面は一定の範囲を上から下に縦に一気に塗って(合板1枚の幅を目安に)下まで終わったらまた上から下まで一気に、という塗り方でやってみました。
ステップ6
step7
すると、木目が縦なのもあって、前よりムラが少なく塗ることができました。ペイントローラーで塗ればたぶんもっと綺麗に塗れたことと思います。。。
ステップ7
step8
前面のトビラも塗って、夕暮れ時になんとか1度目の塗装完了!(2度塗りはまた後程)暗闇に溶け込むシブイ色の小屋になってきました。
ステップ8
step9
お次は・・・入口屋根をあるものに変化させるために改造していきます!
ステップ9
コツ・ポイント
壁材に木目がある材料の時は特に、木目に合わせて上から下まで一気に塗ってしまったほうが良いようです。そうすれば休憩などで時間差があっても、境い目に違和感が出にくいです。
やってみた感想
塗り方に問題はあったものの、塗料がほどよく染みて木目が良いかんじで模様となりました。小屋の創作はまだまだ続きます!
このレシピのキーワード 
いいね
3
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピを投稿したユーザー
日頃から身の回りの物を作ったりしてDIYを楽しんでいます。 不便を感じたらそれを解消できる物を考えて自分で作ります。パーツなどの材料も可能な限り自分で作っています。 (大工や建築の仕事は一切経験が無いのでほぼ自己流です。参考にならない部分もあるかと思いますが何卒ご了承ください。)