人気の検索キーワード:   照明  塗装  溶接 
トップ「メンテナンス・お掃除」のDIYレシピ > 古いバッテリー内蔵型の充電式クリーナーを外付けバッテリー式に改良してみた
古いバッテリー内蔵型の充電式クリーナーを外付けバッテリー式に改良してみた
Taatan
2022年12月27日
これはバッテリー内蔵型でACアダプターのジャックを差し込んで充電するタイプの充電式クリーナーですが、内蔵バッテリーが劣化して使えなくなり、充電器も無くしてしまったので、余っている別のバッテリーを外付けできる用に改良してみました。
かかった費用: 1,500円
所要時間:   1時間
いいね
3
お気に入り
1
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
材料
マキタバッテリー変換アダプター(10.8v差し込み式用) 1
アルミ針金3.0mm 適量
マキタ純正0r互換バッテリー10.8v差し込み式 とりあえず1個
工具
インパクトドライバ
ニッパー
ハーネステープ
はんだコテ
step1
バッテリー内蔵式のマキタのクリーナーCL105Dです。ACアダプターを無くしてバッテリーも弱って使えないのでしばらく倉庫で眠っていました。
ステップ1
step2
内蔵式といっても本体後ろの蓋を開けるとバッテリーが入っていてコネクタを外すとバッテリーが取り出せます。このままでは充電もできません。
ステップ2
step3
電圧は10.8vで1.3Ahなので同じマキタの10.8vバッテリーが使えそうです。 本体は古いし、このバッテリーと充電用ACアダプターを新たに買う気にはなれないので...
ステップ3
step4
このスライド式のバッテリーを流用してみることに。
ステップ4
step5
マキタのスライド式10.8vから電源を取り出せるコンバーター(変換アダプタ)というのがあって、前から持っていたのでこれを使います。
ステップ5
step6
スライド式バッテリーを差し込むと、電源がコードから取り出せて好きな物に使うことができるようになります。
ステップ6
step7
コネクタの配線は6本くらいあるのですが、太い2本がメインのプラスマイナス配線なので、まずは試しにその部分にコンバーターのコードを突っ込んでみます。
ステップ7
step8
すると本体のバッテリー残量不足のランプが点灯してしまいます。でもコンバーターからのバッテリー電源は通ったことがわかりました。
ステップ8
step9
おそらく内蔵バッテリーをサーモセンサー等でチェックするための配線があり、それをクリアする必要がありそうです。
ステップ9
step10
なのでチェック配線を生かすため、この配線の中にコンバーターの電源を割り込ませることにしました。プラスマイナスの配線の途中を2mmほど剥いて露出させます。
ステップ10
step11
剥いた部分にコンバーターからの配線を繋ぎます。(もともとのバッテリーとコンバーター電源が並列繋ぎになります。)
ステップ11
step12
繋いだ部分をはんだコテでしっかり固定します。
ステップ12
step13
仕上げにハーネステープでグルグル巻いて保護します。これでコンバーターからの電源ルートがバイパスできました。
ステップ13
step14
このまま蓋を閉めようとすると閉まらないので...
ステップ14
step15
ちょっとドリルで穴を開け...
ステップ15
step16
ニッパーで切り込めば...
ステップ16
step17
配線を逃がす溝ができました。これで蓋が閉まります。(センサーチェックをクリアするため、もともとのバッテリーもコネクタに繋いで蓋を閉めています)
ステップ17
step18
スライド式バッテリーを繋いだら・・・エラーにならずに問題無くクリーナーが可動しました!
ステップ18
step19
さらに、このままだとコンバーターとバッテリーがプラプラしてしまうので、端の2箇所に穴を空けまして...
ステップ19
step20
3mm径のアルミ針金を通し...
ステップ20
step21
本体の邪魔にならないところに巻き付けます。
ステップ21
step22
これで本体の取っ手の左側にコンバーターが固定できました。
ステップ22
step23
バッテリーを装着して取っ手を握っても邪魔になりません。
ステップ23
step24
バッテリー内蔵型クリーナーのバッテリー外付けバージョンが完成です!
ステップ24
step25
このスライド式バッテリーは何個も余っているので、いつでもローテーションして使えるようになりました。
ステップ25
コツ・ポイント
コンバーターの取り付け位置は、私は右利きなので左側にしましたが、左利きの場合は右側に取り付けると邪魔にならないです。真後ろだと意外と邪魔になったのでサイドに付けてみました。
やってみた感想
邪道とは思いますが、古くて使えなくなったクリーナーが復活できて嬉しいです。試される場合はくれぐれも自己責任にてお願いします。 (追記)そのまま1日以上置いておいたら、外付けバッテリーを外しても動くようになっていました!どうやらコンバーターを通して、残量の多い外付けバッテリーから古い内蔵バッテリーに電力が移行して充電されていたようです。つまり、ACアダプター無しでも差し込み式のバッテリーから内蔵バッテリーに充電できるようになったわけです!これを繰り返せば内蔵バッテリーも満タンに近くなりますし、バッテリー並列なので純正の倍以上の長持ちにもなります。外付けバッテリーを付けても外しても使える面白い仕様になりました!
このレシピのキーワード 
いいね
3
お気に入り
1
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピを投稿したユーザー
日頃から身の回りの物や便利アイテムを作ったりしてDIYを楽しんでいます。 不便を感じたらそれを解消できる物を考え制作し、必要なパーツも市販で無ければ可能な限り自分で作ります。 大工などの経験は無いですが、今まで独自に得てきたノウハウやアイデアでどこまでやれるか日々挑戦中です!