人気の検索キーワード: 無垢    照明  戸棚  PLAYWOOD 
トップ「雑貨・小物」のDIYレシピ > LED照明付きのドールハウスを作ってみた
LED照明付きのドールハウスを作ってみた
Taatan
2018年06月07日
姪っ子から、小さいお人形(シルバニアファミリー)を入れて遊べるお家が欲しい!という要望があり、市販のドールハウスよりも楽しめそうな仕掛けのついたドールハウスを作ってみました。
かかった費用: 3,000円
所要時間:   5時間
いいね
5
お気に入り
1
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
材料
シナベニヤ4mm厚 1枚
ラワンベニヤ12mm厚 1枚
10×24mm木材 1枚
三角材 2本
ポリプロピレンフィルム 1枚
スリムビス 適量
角型LED  2個
単3用電池ボックス 2個
配線コード0.5径 1本
スイッチ 1個
工具
インパクトドライバー
ディスクグラインダー
丸ノコ
卓上丸ノコ
卓上糸鋸
サンドペーパー
クランプ
step1
まずは壁を作るため、寸法を決めてシナベニヤを切り、卓上糸ノコでマドの形に切り抜きます。
ステップ1
step2
L字に固定した木材をコーナークランプ代わりにして、手持ちのクランプを使って壁を固定し、三角材を木工ボンドで接着します。
ステップ2
step3
接着材を乾燥させている間に、階段となる材料を切り出します。 同じ長さに切った小さい角材をシナベニヤで挟み込み、ボンドで接着します。 このときクランプで圧着しておくと確実に接着できます。(締めすぎるとクランプの跡が付くので注意!)
ステップ3
step4
反対側のカベも接着しながら、2階の床を取り付けるための支えの木材も接着します。
ステップ4
step5
接着できたら、今度は屋根を切り抜き接着します。屋根がたわまないように、屋根の中央にも支えの木材を入れています。 手前の屋根は、中が見やすいように切り込みました。
ステップ5
step6
さらに、二階の床を接着し、壁にLED用の穴を空けて埋め込んだら、家の裏側に配線をまわします。 そこに単三用電池ボックスを直列に2個つなぎ、スイッチも付けました。電池の出し入れがしやすいように、開閉するフタも作りました。
ステップ6
step7
点灯確認すると・・・ほどよく光って本当の家のよう?電気を付けたり消したり、楽しくなりそうです♪ 二階の床には穴を開け、そこに階段をひっかけます。(違う向きでもかけられます。)
ステップ7
step8
今度は家の土台の板を切り出し、裏側に円盤状に切り抜いた板を付けました。円盤のフチには滑り止め用にギザギザの溝を入れています。
ステップ8
step9
表から見ると、円盤は芝生模様の庭に隠れるかたちとなります。その庭を手でスライドさせると・・・
ステップ9
step10
池が出てくるようにしました! 円盤を回すと、円盤に印刷された池の鯉や魚達の絵がクルクル回る仕掛けです。
ステップ10
step11
土台と円盤の間には、ポリプロピレンフィルムを貼っているので、そこに小魚などの小物を置いても、小魚は動かず浮いたような状態で、下の池だけ回るという不思議なギミックが楽しめます。
ステップ11
step12
屋根にはピンクの塗料を塗り、赤いペンで線を引いてレンガの屋根っぽい雰囲気を出しました。これでひとまず完成! なかなか面白いドールハウスになったのではないかと思います。
ステップ12
step13
暗いところでLEDの灯りをつけて夜のドールハウスを楽しむこともできます。 お人形で遊んでいると子供は予想もしない行動をするので、様子をみながらまた改良していきたいと思います。
ステップ13
コツ・ポイント
卓上糸ノコでマドを切り抜く時は、始めにドリルで穴を空けてから、そこにノコの刃を通すことで切り抜くことができます。
やってみた感想
ドールハウスを移動するときに、無意識に屋根を持ってしまうので、屋根をもっと強度アップしたほうがいいかなと思いました。とても喜んで遊んでくれているので大満足です!
いいね
5
お気に入り
1
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピを投稿したユーザー
日頃から身の回りの物を作ったりしてDIYを楽しんでいます。 不便を感じたら、それを解消できる物を考えて自分で作ります。パーツなどの材料も可能な限り自分で作っています。