人気の検索キーワード: 無垢    照明  戸棚  PLAYWOOD 
トップ「雑貨・小物」のDIYレシピ > 永久機関装置(ギミックオブジェ)を作ってみた
永久機関装置(ギミックオブジェ)を作ってみた
Taatan
2018年09月12日
「永久機関」という、外部からエネルギーを受けることなく仕事を続けることができる装置が18世紀に研究されていたことを知り、(エネルギー保存の法則とやらで実現不可能と結論付けられたらしいですが)外部からのエネルギーが0ではなくても、外部からのわずかなきっかけさえあれば回り続ける装置(半永久機関)が作れないのかな?と思い、試しに作ってみました。
かかった費用: 1,000円
所要時間:   3時間
いいね
7
お気に入り
2
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
材料
ベニヤ材 2枚
2×6材 15cmくらい
赤松 貫 1本
大きいビー玉 8個
工具
卓上丸ノコ
ディスクグラインダー
カッター
インパクトドライバー
step1
一番作りやすそうな8角形のタイプを作ってみることにしました。なので最初に基準となる中心のパーツを8角形に切り抜きます。
ステップ1
step2
次に、3cm幅に8本の材を作ります。
ステップ2
step3
それぞれがナナメに接するので、端をナナメに切りました。
ステップ3
step4
それを、最初に切った中央パーツに貼り合わせていきます。
ステップ4
step5
こんなかんじに付きました。(色のメリハリをつけるために中央パーツは濃いめのニスを塗っておきました)
ステップ5
step6
外側の材も濃いめのニスを塗り、同じく8本作ります。
ステップ6
step7
これを外側に貼り合わせていくのですが、接着の際のベルトクランプなどが無かったので、代替えとしてヒモで縛り、
ステップ7
step8
縛った後に端材をヒモの隙間に入れ込むと、よりしっかりと締め付けできます。裏面の板も接着できたら周りを切り落とします。
ステップ8
step9
台座は2本の貫材を垂直に立てた、いたってシンプルな台です。摩擦を少なくするため、とりあえず軸の穴は小さくしておきました。
ステップ9
step10
カタチとしてはひとまず完成!やってみると意外とカンタンです。玉は入れずに手で押すと、一応回ってくれますが、数回転で止まります。摩擦の影響が大きいかと^^;。
ステップ10
step11
(鉄球は値段が高いので)大きめのビー玉を入れて試してみました。  左の玉が落ちる勢いで全体が回ってくれるといいのですが・・・右側の玉の重さがあるのでエネルギーが相殺されてしまうようです。やはりすぐに止まってしまいます・・・でもなかなか面白いオブジェとなりました。まだまだ改良の余地がありそうです。
ステップ11
コツ・ポイント
全体がそれなりに重くなったので、1つ1つの材料を見直して軽量化したほうが良さそうです。重力がポイントなので、それを最大限に生かせるように、なるべく精巧に作って、摩擦などの抵抗を最小限に抑えることが重要だと思います。
やってみた感想
今のままだと玉が装置から落ちやすいので、前面にクリアパネルを付けたり、軸をベアリングにしてみたり、動力を付けてみたり、イロイロと改良して楽しめそうです。
このレシピのキーワード 
いいね
7
お気に入り
2
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピを投稿したユーザー
日頃から身の回りの物を作ったりしてDIYを楽しんでいます。 不便を感じたら、それを解消できる物を考えて自分で作ります。パーツなどの材料も可能な限り自分で作っています。