人気の検索キーワード: 無垢    照明  戸棚  塗装 
トップ「壁を貼る・塗る・飾る」のDIYレシピ > DIYで作業小屋を作ってみた【網戸編】
DIYで作業小屋を作ってみた【網戸編】
Taatan
2020年07月08日
DIYで製作中の作業小屋の入り口屋根の上がぽっかり開いたままだったので、鳥や虫の侵入防止用に網戸をつけてみました。5つの窓枠のサイズに合わせてフレームを作って取り付けました。
かかった費用: 1,000円
所要時間:   2時間
いいね
3
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
材料
杉材 1本
赤松材 1本
網戸(91cm×6m) 1巻
防虫防腐塗料 適量
ビス 適量
工具
丸ノコ
ディスクグラインダー
インパクトドライバ
ハケ
カンナ
タッカー
step1
小屋の入り口の上に5つの大きな通気口のようなマドができましたが、このままだと鳥や虫が入り放題なので早めに最低限の対策を。
ステップ1
step2
一直線に網戸のフレームを付ける場合、柱と垂木が交差する部分に段差や隙間ができてしまうので、そこから埋めていきます。
ステップ2
step3
飛び出している垂木を囲うように板を付けたいので、その部分だけジグソーで切り抜きます。
ステップ3
step4
それぞれ垂木の間隔が微妙に違うので、現物合わせで測って切り抜きました。約3m必要なので、板を2つに分けて作りました。
ステップ4
step5
ウォルナットの防虫防腐剤を塗布してから設置しました。ピッタリはまりました!
ステップ5
step6
逆光で見えにくいですが・・・網戸のフレームを取り付けるためのベースが完成。
ステップ6
step7
次に、フレームを作るための木材を用意し、組んでいきます。ステーなどは使用せずにビス留めで済ませました。
ステップ7
step8
5つのマドに合わせて骨組みを入れてフレームができました。同じく塗装もして防虫防腐&撥水で万全に。
ステップ8
step9
一般の網戸用の網(91cm×6m)を1000円くらいで買ってきて、これをタッカーで留めていきます。10~15cm間隔くらいで留めました。
ステップ9
step10
余分な部分はハサミでカット。全部留めてから最後にカットしたほうが綺麗に仕上がります。
ステップ10
step11
出来上がったらタッカーを打ったほうを内側にして窓枠に設置します。ひとまずビス留めしましたが、開閉できるようにしても面白いかも? あ、でも開ける必要ないか。
ステップ11
step12
これでマドからの鳥や虫の進入は阻止できるようになりました。ブラックの網戸で見た目も引き締まって良いかんじ。
ステップ12
コツ・ポイント
今回のように木材で作ったフレームは一定間隔で骨組みがないとたわんでしまうので適度な間隔で骨組みを入れた方が良いです。上の屋根が大きくせり出しているので雨は吹き込んできませんが、密閉空間に近づけるため後で風よけを兼ねた遮光板も付ける予定です。
やってみた感想
木材なので好きな寸法で網戸が製作しやすかったですが、金属フレームを溶接して作っても面白いかもしれません。他にも隙間がまだあるので、引き続き隙間対策を進めていきたいと思います。
このレシピのキーワード 
いいね
3
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピを投稿したユーザー
日頃から身の回りの物や便利アイテムを作ったりしてDIYを楽しんでいます。 不便を感じたらそれを解消できる物を考えて自分で作ります。パーツなどの材料も可能な限り自分で作っています。