人気の検索キーワード:   照明  塗装  溶接 
トップ「雑貨・小物」のDIYレシピ > 捨てちゃう容器を使って作業小屋を使いやすくしてみた
捨てちゃう容器を使って作業小屋を使いやすくしてみた
Taatan
2022年04月11日
DIY作業の合間の息抜きに掃除をしていたら、麦茶などの飲み物を入れる容器がたくさん出てきたので、捨ててもいい容器をちょっといじって再利用してみました。
かかった費用: 0円
所要時間:   30分
いいね
2
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
材料
いらなくなった容器 数個
オーナメントシール 1個
 
工具
カッター(特大H型)
ドリルドライバー

step1
これはたぶん2リットルの容器だと思いますが、フタが少し反ってしまってしまらなくなったので捨てるところでした。
ステップ1
step2
フタは使わないので一旦外し・・・
ステップ2
step3
容器の側面にドリルでネジ穴を開けます。(あらかじめ設置するところに当てて位置を確認してから開けます。)
ステップ3
step4
2箇所穴を開けたら、作業小屋の柱と壁のところにビスで固定しました。
ステップ4
step5
たったこれだけで完成!カンタンです!そして今までそのへんに散乱していた長物の工具を入れてみるとちょうど良い入れ具合でおさまりました。曲尺や丸ノコガイドや水平器など、けっこう入ります。
ステップ5
step6
余ってた有名工具屋さんのオーナメントシールを貼ったら、ちょっとカッコ良くなったかも?
ステップ6
step7
ついでにもう1つくらい・・・まだまだあるんでwどれを使おうか・・・
ステップ7
step8
円柱状の容器を使ってみます。色あせて汚れてきたので捨てる予定でした。
ステップ8
step9
これを蓋を含めてちょうど半分になるように切ります。カッターで切れるのですが、小さいカッターだと刃が折れやすいので特大H型という大型のカッターを使うと安定して力をこめて切ることができました。
ステップ9
step10
同じ長さの筒が2つになりました。(今回はフタを付けたまま使うのがポイント)
ステップ10
step11
これを連結したいので、合わさる部分に2箇所穴を開けます。
ステップ11
step12
ナイロンタイを穴に通して2つの筒を連結します。これで倒れにくくなります。
ステップ12
step13
これを工具トレーに入れてみると、ちょうどよくおさまりました!今まで雑然と放り込んでいた工具が、立てて収納できるようになったので、一目稜線で取り出しやすくなりました。
ステップ13
step14
他にはどこに使おうか...工具はまだまだ沢山あるので、また使う場所に合わせてうまく再利用したいと思います。
ステップ14
コツ・ポイント
あらかじめ置きたい場所に合わせてみて、切るサイズやビス穴の位置を決めておくと容器がちょうど良くおさまります。素材によってはカッターで切れないプラスチック系もあるのでご注意ください。
やってみた感想
見た目はさほど気にしないので、自己満足ですが、大変満足です!いらない容器がある方は捨てる前に一度ご検討を。
このレシピのキーワード 
いいね
2
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピを投稿したユーザー
日頃から身の回りの物や便利アイテムを作ったりしてDIYを楽しんでいます。 不便を感じたらそれを解消できる物を考えて自分で作ります。パーツなどの材料も可能な限り自分で作っています。大工さんなどの経験が一切無い、素人がどこまでやれるか日々挑戦中です。