人気の検索キーワード: 無垢    照明  戸棚  塗装 
トップ「壁を貼る・塗る・飾る」のDIYレシピ > 作業小屋を増築してみました。
作業小屋を増築してみました。
misamisa
2018年05月30日
DIY作業に使ったりしている作業小屋にもう少し保管場所などのスペースが欲しかったので増築してみました。
かかった費用: 3,500円
所要時間:   4時間
いいね
9
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
材料
トタン波板 4枚
サビ止め塗料 1缶
連結傘釘 1セット
木材 24×45×1820 4本
木材 15×90×1820 3本
単管パイプ 5本
L字ステー 4個
メッシュパネル 1枚
工具
金属用ハサミ
波板用ハサミ
金づち
インパクトドライバー
step1
波板は以前に買っておいたトタン波板を使いました。
ステップ1
step2
増築する部分のサイズに合うように金属板用のハサミと波板用のハサミを使って切っていきます。写真にはないですが、波板用のハサミは歯が波板のように波うっていて波板の波に合わせて切断できます。
ステップ2
step3
トタン板は徐々にサビてくるのでサビ止め塗料(クリア)を塗ります。
ステップ3
step4
波板全部に塗ると塗料代がかなりかかるので、切断した切り口と、雨がかかりそうなところのみを重点的に塗りました。
ステップ4
step5
単管パイプと木材を組み合わせて、簡単に骨組みと屋根を作りました。そこに波板を打ち付けていきました。通常は青いほうが外側なのですが見た目が青だと安っぽいので、白いほうを外側にしてみました。それでも気に入らなければ後で塗装するつもりです。
ステップ5
step6
さらに棚を付けて収納力を増やしました。L字ステーで木材を留め、メッシュパネルは結束バンドで固定した簡易なものですが十分です。
ステップ6
step7
入口の幅は1mくらいですが、奥行きが3m以上あるのでけっこう広く感じます。
ステップ7
step8
頻繁には出入りしない場所になるので、干し柿を干すにも丁度良い環境のようです。屋根からは日差しが入り、壁は完全には塞いでいないので、ほどよく風が入ってきて湿気も抜けていきます。
ステップ8
step9
鍵もつけたので、何かを保管したり、干し柿を作ったりと、色々と活用できるスペースとなりました。
ステップ9
コツ・ポイント
見た目を重視しない場所であれば、手直しは後からでもできるので、細部にこだわらずにどんどん作っていくと早く作れます。
やってみた感想
有り合わせの材料も合わせて、後から照明やフックも付けて、より使いやすい場所になりました。
このレシピのキーワード 
いいね
9
お気に入り
0
このレシピをシェア  このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピを投稿したユーザー
木材と単管パイプをよく使います。見た目より実用性重視で作ることが多いので、見た目がイマイチなこともしばしば。
投稿済みレシピ(2)