人気の検索キーワード: 無垢    照明  戸棚  PLAYWOOD 
Taatan
Taatan
日頃から身の回りの物を作ったりしてDIYを楽しんでいます。 不便を感じたら、それを解消できる物を考えて自分で作ります。パーツなどの材料も可能な限り自分で作っています。
レシピ
フォロー
フォロワー
投稿済みレシピ(36)

DIYに欠かせない電動工具が好きで色々な種類の工具を使っていますが、それぞれの工具の利点を生かしてパーツを作り、そのパーツを組み合わせて鼻メガネスタンドを作ってみました。
2018年12月11日
7
3
かかった費用:1800円

四輪バギーのカウル(ボディー)にメリハリのある色を付けたかったので、マスキングテープと新聞紙を使って塗装してみました。小物や家具の塗装など、色々な塗装に応用できると思います。
3
0
かかった費用:500円

ジョウロの先端(パイプ部分)を紛失してしまい、ほとんど水が入れられなくなってしまったので、パーツを買うのではなく何かで代用できないかと考え、掃除機にたどり着きました!
2
0
かかった費用:0円

小物を陳列するための運びやすい軽量なラックがほしかったので、中途半端なパイプラックの部品から、自分好みの陳列ラックを作ってみました。
2018年11月30日
4
1
かかった費用:500円

敷地内の木の選定で出てくる天然木を捨てるか燃やすだけではもったいないので、何かに使えないかと考え、木の枝の質感を生かしたアクセサリースタンドを作ってみました。せっかくなので、アームが前後に動くようにしました。
2018年11月28日
6
2
かかった費用:1000円

オークションやフリマアプリなどに出品する用の写真を撮る時にいつも背景用の布を用意するのが手間なので、小物を撮影する時にすぐに使える簡易な撮影用ブースを作ってみました。
2018年11月27日
6
3
かかった費用:1000円

この季節、灯油タンク一体型の大型ストーブに灯油を入れる際に20リットルの灯油缶(ポリタンク)を持って移動するのは大変なので(特に高齢の親は腰に負担が...)灯油缶を乗せたまま引いて移動できる灯油缶専用カートを作ってみました!
4
0
かかった費用:0円

敷地内に自生している天然木の枝で、木のイメージを生かしたインテリアが作れないかと思い、枝のバランスを生かした帽子スタンドを作ってみました。
2018年10月23日
9
4
かかった費用:200円

使わなくなって外の倉庫に眠っていた棚が、湿気でカビだらけになって捨てる予定でしたが・・・使いたい場所で丁度良いサイズだったことがわかり、パワートーチでカビ対策&リメイクして復活させてみることにしました。
2018年10月20日
2
0
かかった費用:1000円

以前、動くオブジェとして作った「永久機関装置(ギミック)」が、誰かが手で回さなくてはいずれ止まってしまう仕組みだったので、ベアリングを仕込んで摩擦を減らし、プーリーとモーターを付けて半永久機関となるように改良してみました。
2018年10月17日
5
0
かかった費用:1000円

私有地内で遊ぶための四輪バギー(バギーといっても乳母車のバギーではなくてエンジン式のバギーです)に、ちょっと子供を乗せて遊べるように、簡易なタンデムシートを製作してみました。
4
1
かかった費用:1500円

丸ノコなどの切断作業で便利なツールのサポートローラーの高さが足りない事がよくあるので、2×6材とパッチン錠を使って高さの自由度を広げてみました。
2018年09月25日
3
1
かかった費用:500円

ハロウインが近くなってきたので、かぼちゃのおばけのランタンをLED仕様で作ってみました。自宅に自生している木の枝を活用して自然に近い雰囲気を出してみました。
2018年09月24日
11
4
かかった費用:1000円

「永久機関」という、外部からエネルギーを受けることなく仕事を続けることができる装置が18世紀に研究されていたことを知り、(エネルギー保存の法則とやらで実現不可能と結論付けられたらしいですが)外部からのエネルギーが0ではなくても、外部からのわずかなきっかけさえあれば回り続ける装置(半永久機関)が作れないのかな?と思い、試しに作ってみました。
2018年09月12日
8
2
かかった費用:1000円

檜(ヒノキ)の香りが好きなので、ヒノキ材で何か作れないかと考えていたら、つまようじも刺せる、お魚箸置きを思いついたので作ってみました。ヒノキにはヒノキチオールという成分による殺菌効果やリラクゼーション効果もあるらしいので、その効能も考慮して作りました。
2018年08月26日
11
4
かかった費用:200円

沢山の木材を同じカタチにナナメに切りたい時がよくあり、1つ1つ線を引いて切っていたのでは1つ切るのにも1~2分くらいはかかります。それを5秒もかからず(慣れれば3秒)しかも全く同じ寸法でスピーディーに切ることができる方法がコレです!
2018年08月24日
4
0
かかった費用:0円

小さなヌイグルミを飾る時や遊ぶ時に、シルバニアなどの市販のミニチュアのイスは売ってるけれど、手のひらサイズの中途半端な小ささのヌイグルミ用のイスはなかなか無いようなので、作ってみました。
2018年08月15日
6
1
かかった費用:200円

電動トリマーのパーツ(工具)が破損してしまうと作業に支障が出たり機械自体が使えなくなってしまうので、専用の工具よりも頑丈なものをDIYで作ってみました。
1
0
かかった費用:200円

トイレに座った時の脚と体の角度が35度になる姿勢が便秘解消に役立つ。というテレビ番組を見て、作って欲しいと言われ作ってみました。新しく購入したサポートローラーが役立ちました。
5
0
かかった費用:1000円

耐荷重100kg以上のレトロな雰囲気の大きな脚立が欲しい(子供が食事台にしたり、台に足を入れてお絵かきなどもできると尚良し)という要望があり、たまたま手に入った国産ヒノキ材をメインに使って大・中・小の脚立セットを作ってみました。これを重ねると・・・
2018年07月26日
9
4
かかった費用:10000円

DIY作業などで大きめのテーブルがあると作業しやすいと思い、廃材を組み合わせてテーブルを作る過程で、どうしても天板のたわみが出てしまうことが気になったので、それをいつでも1mm以下の単位で調整できるテーブルを作ってみました。
2018年07月24日
4
0
かかった費用:1500円

先日製作したクルクル回転遊具(一応メリー)の回転部分を回すためには、誰かがずっと回していなくてはならないので、動力源を付けて楽に回せるように改造してみました。
2018年07月09日
7
0
かかった費用:1500円

「ピアスをリビングに飾りたい。でも普通じゃつまらないからマネキンの耳のようなのも付けてほしい!」という知人からの要望があり、リューターの練習も兼ねて「耳マネキン」付きのピアススタンドを作ってみました。
2018年07月07日
7
2
かかった費用:1500円

いつも天井を向いて寝ている赤ちゃんが、起きている時間に少しでも楽しく過ごせるように色々な形状の机(赤ちゃんを置く場所がよく変わるので)に合わせて設置できる、クルクル回転する遊具(メリーというらしいです)を作ってみました。
2018年07月06日
5
0
かかった費用:1500円

知人が「プチブライス」や「オビツ11」が好きだと聞き、「何それ?」と調べてみると大人も楽しめるちょっとリアルな11cmくらいのお人形とのことで、そのお人形が入れられる山小屋風のドールハウスを作ってみました。ただのドールハウスでは面白くないので屋根と壁を開閉式にしました。
2018年06月26日
9
2
かかった費用:2000円

DIYで棚や台などを作る時にL字ステーをよく使うのですが、その都度買っていると出費が大きいので、いつでもすぐに必要な分のL字ステーを生み出せる器具を作ってみました。アルミ製のステーを切断する時は、普通におさえただけだと曲がって機械に巻き込んでしまったりしてとても危険なので、安全に作業できるように考えました。
2018年06月26日
4
1
かかった費用:500円

卓上丸ノコ盤を使う時に起こる不便なところなどを改良して快適に使えないかと考え、色々と改良してみました。
2018年06月13日
3
0
かかった費用:1500円

DIY製作でよく使うトリマーが、紙の箱に入っていてボロボロだったので、(市販の商品には丁度良いものが無く)いらなくなったアタッシュケースを利用してトリマー専用のケースを作ってみました。
3
0
かかった費用:1000円

姪っ子から、小さいお人形(シルバニアファミリー)を入れて遊べるお家が欲しい!という要望があり、市販のドールハウスよりも楽しめそうな仕掛けのついたドールハウスを作ってみました。
2018年06月07日
7
1
かかった費用:3000円

DIYで余った木材で、赤ちゃん用のオモチャが作れないかと思い、風車のようなオモチャを作ってみました。
2018年06月06日
4
0
かかった費用:0円

お一人様で過ごす時に、大きいテーブルだとちょっと寂しいし、床に食べ物置くのも嫌だし、丁度良い大きさのテーブル売ってないし・・・床に座って使えるレトロな雰囲気のテーブルが欲しいと言われ、レトロなお一人様テーブルを製作してみました。 ついでに隠しコースターなどの仕掛けもつけてみました。
2018年05月22日
11
3
かかった費用:3500円

テイッシュボックスをキッチンや食卓などに置いておくと、上に物が乗せられず、スペースが無駄になってしまうので、縦型のティッシュボックスを作り、さらに表と裏の両方から取り出せるようにできないかと考えました。
2018年04月27日
14
4
かかった費用:1200円

焼き目のついた桐の材が手元に余っていたので、それで何かできないかと思い、子供も楽しめて2倍の使い道になるリバーシブルタイプのコースターを作ってみました。
2018年04月24日
8
4
かかった費用:100円

DIYの作業をする時に、床で作業すると傷が付くし、外では地面に直接置くと不便・・・ そんな時に役立つ、廃材利用の万能作業台です。簡易なものならすぐに作れるのでお好きな仕様に味付けできます。
8
3
かかった費用:200円

家具に使う蝶番や、金属部品の潤滑などにも重宝する5-56などのスプレーには、ノズル(細いストローみたいなやつ)が付いているのですが、■ノズルを付けるとフタが締められなくなって・・・  フタをしたい時はノズルを外さなくてはならず、手がベトベト・・・  落としたりすると、指で押す部分の根元からポッキリ折れてしまったり・・・  「フタしたい!でもノズルは外したくない!」  この欲張りを実現するために・・・いつもこんなふうにしています。
4
1
かかった費用:0円

車に装備されている純正のジャッキは不安で、市販のジャッキを購入して使う人も多いようですが、 このタイプのジャッキは車のサイドのジャッキポイントには合わない構造なので、 ジャッキアップしてみたら、ジャッキポイントが潰れてしまった!!というケースがよくあります。   ■専用アダプターも売っているのですが、ジャッキと車の間に挟むだけなので、グラグラしてけっこう危険!  加えて、アダプターを付けると接触位置が高くなるので、ローダウン車には使えなかったりもします。     ■それなら、アダプター無しでも使えるようにしてみよう!ということで工具ひとつで出来る加工法を考えました。
3
1
かかった費用:0円